« A25RU 終了かな? | トップページ | CQ WPX RAW SCORES »

2021年4月 2日 (金)

さいたま市桜区移動

車で出かける用事があったので、移動してやりたかったことを進めることにした。車での移動運用は約3か月ぶり。こんなに自粛期間が長かったのは移動運用を始めてから今までなかったかもしれない。

1_20210403061001

桜区の土手に到着するとなんだか雰囲気が違う。最初に気が付いたのが路面の塗装で、その次がゲートの変更。前までは自転車も通ってはいけませんよという感じで2つのゲートがあった。いまはゲートが小さくなり、3つのゲートの間には自転車も通れるスペースがある。サイクリング道路になったということか?ゲートを意識させるように路面に塗装が施されている。しばらくここに滞在していて思ったことだが、老人を含めて歩行者というか散歩をしている人がけっこういる場所でもある。今までは考えられないスピード。で自転車が横切っていく。なんだか危険な感じがした。それにゲートの感覚を考えると、いままで締め出していた原付バイクはおろか大型バイクまで通れるような気がする。改良なのだろうか?改悪のような気がしている。また、ゲートが軽車両を通れなくしていたのだから、なるべくスペースができるように車をゲート付近まで寄せて駐車していたが、地面に書かれた白線のおかげで、ゲートに近づくと通行の邪魔になる印象があり、車のほとんどを白線の外側にするためにゲートから離れて駐車した。かえって駐車しづらい雰囲気もある。それが狙いだろうか?

2_20210403061001

本題に入り最初のミッションは洗車。NYPの後に緊急事態宣言が出されて、約3か月の間買い出しなど、そのとき必要な用事で動かした以外は置きっぱなし状態の車。とにかく誇りを洗い落としたい気分だった。このミッションは問題なく終了する。

3_20210403061001 4_20210403061201

そして、第2のミッションは無線機ラックの再構築。K31.8MHzの周波数拡大を行った後はラックに戻さず置きっぱなしになっていた。FT-991Aは自宅で使用するために車から外していた。この2台を車載ラックに戻し、必要なケーブルなどを接続して移動地到着後に最短で運用できる状態にしておく。これも、慣れていることなので問題なく進む。

5

3番目。予定していたのは、廃業のため最終発注で手に入れた8mhの伸縮ポールセットの組み立て確認。これが問題だった。タイヤベースを現地で組み立てようと思っていたが、間違えて予備のベース部分だけの段ボールを載せてきてしまった。伸縮ポールを差し込む筒の部分が無いのである。これでは組み立てようがない。どうしようもないことはすぐにあきらめがつく。考えていても仕方のなっことだ。先のラック組み込みのセットの確認もあるのでアンテナを設置したい。結局、もともとあった。12mの伸縮ポールを設置した。この時、初めて気がついた。予想もしていないことだった。使用中の12m伸縮ポールよりも新しい8m伸縮ポールのほうが仕舞寸が長い!なんで?という感じだったが、それぞれの段で縮めた時に手を挟まないようにスプリングが仕込まれるようになっているようだ。その長さだけ縮みきらないので段数が少ないのに仕舞寸法が5cmほど長くなっているようだ。仮にルーフボックスの中にしまってみると、ぎりぎりでアウト。中にははいるものの先端が引っ掛かりルーフボックスのフタが閉まらない。もともと対角線に合わせてぎりぎりで収納しているので、こちらを使うことになればルーフボックス収納はできないことになる。想定外の出来事だった。

5_20210403061001

考えていても解決しないことなので、とりあえずダイポールを設置する。ハイバンドを聞いてみるがCWで交信できる相手も見つからず、結局7MHzに下がって運用中の局を呼び回ってみる。運用している局数は少ないものの、まあまあのコンディションの様だ。あいかわらず自分のコールサインを打たない局が呼ばれ続けている。かなり待たないと呼べる可能性がなさそうなのでVFOを回してしまう。あきらかに隙間を見つけて自分のコールサインを打とうという意識が無いような運用。このスタイルが呼ばれ続けてしまうと、初心者・入門者に悪い影響を与えてしまう気がする。「まずはよく聞け」という言葉を耳にするがよく聞いていても自分のコールサインを打たないのだから呼びたくても呼べない。特にモールスを始めて間もない局が聞いても自信をもってコピーできたと思うまで数回聞きたいと思うものだが、これでは呼べる状態になるまで何分待たされるのかわかったもんじゃない。初心者に見本となるような運用をしていただきたいものだ。

呼ぶ相手も尽きてきて自分でCQを出してみる。1交信ごとにコールサインを送出しましたよ。それ以上かな? なるべく、一局ずつ丁寧にお相手することを念頭に置いた。まあ、何度もQRVしているさいたま市桜区なので、それほどパイルアップにならなかったというのが正直なところ。QRP-1Wの局と設備紹介に進んだりしたフルサイズのGPを使っているという。既製品にはないのだから自作だろう。素晴らしいと思う。移動用にフルサイズのGPを作って実験したことを思い出した。グランドを地面に這わせたものより1mほど浮かせたフローティンググランドにした方が飛びも良かったなぁ。でもQSYできないアンテナなのでなかなか出番がない。

他に、/QRPのついた局に応答したとき、レポート送信後に返事が聞こえてこなかった。何かあったのかな? 過去のログを見てみるといつもQRPpで運用している方だ。S-9で安定して入感していたので、急激なコンディションの変化など伝搬に問題があるとも思えなかった。不具合が解決して再び呼んでくれることを期待して長くCQを出してみたが、残念ながら再開はできなかった。

突然和文になった局には、最後にホレ「ゴメンナサイ」と付け加えた。わかってもらえただろうか? 頭の中が欧文モードになっていると即座に切り替えられるほど熟達者ではないんです。また、和文で延々交信すると、待ってくれている局が散ってしまうので、数局の信号が聞こえていた時に和文に切り替えるのは遠慮させてもらってます。自分から和文をやらない理由はほかにもあるけど、自宅からのんびり運用できるような環境になったら運用スタイルも変わってくるかもしれない。少なくとも自宅からCQを出していて599BKはやらないだろう。

コンディションが下がってきたようで呼んでくれる局もいなくなった。周りを聞いてみてもQRVしている局が少ない。交信できそうな局を呼んで、FT8に移る。CWで厳しいコンディションになってもFT8は賑やか。こちらもFT-991の設定確認というミッションもあるので、ちょっと手間取ったが使えるようになった。リグを別の用途に使っていると思わぬところで設定を変えていたりすることもある。準備が大切という感じかな。

できることをやったと思ったことで、撤収に取り掛かる。片付けが終わった後は最後にして一番大事なミッションに向かう。食材の買い出し。お米や飲料水など重量物をまとめて購入するために車を出しているようなところもあり、まだまだコロナの不安がある時期でもあるし、これが無ければ移動運用もどうしようかと躊躇するところかもしれない。でも、無線を運用できる楽しみは捨てきれないし、ぼちぼち運用を増やしていこうかなという気分でもある。食材の買い出しは、ついつい余計なものまで買ってしまう傾向にある。使い切れるよう、頑張らなければ・・・。

4/3 記

 

|

« A25RU 終了かな? | トップページ | CQ WPX RAW SCORES »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« A25RU 終了かな? | トップページ | CQ WPX RAW SCORES »