« QSLチェック完了 | トップページ | 大島迎撃失敗 »

2021年4月 7日 (水)

ゆらぎキーヤー1号 完成

Yuragi02

手に入れてから作り始めるのに時間がかかってしまいましたが、とりあえず基板上が完成し、試しに動かしてみました。とりあえず一発動作でした。まあ、部品点数も少ないですし、作りやすい感じではありました。

縦振りのような微妙な乱れを作ってくれるというふつうは考えにくいところに目を付けたキーヤーです。ちょっと試し打ちしてみたんですが、思うように符号が出せず、ミスキーイングしてしまいます。サイドトーンを聞いていてパドルを話すのがずれたりするのが原因と思います。なかなか難しい。しばらく修業が必要かもしれません hi でも、実際に使うときはどうだろう?あえて縦振りに思わせたいというシーンが想定できない。結果的に実用にするには、普通のキーヤーモードで使うことになりそうな感じがします。

完成と書きましたが、基板を安定させて電池ボックスと一体化するためにケースに入れてみたいと感じましたが、操作するボタンなどが基板上にあるのでケースだと扱いにくいかもしれない。下にそれなりのアルミ板などを敷き固定する手段が良いかなという感じで考えています。

A1クラブはハムフェアの時にオリジナルのキットを販売してくれています。昨年はハムフェアが無かったので、今の時期に頒布となったのかもしれません。毎年、手に入れられれば購入しています。いろいろとアイデアを考えますね。PICのプログラミングができると自作の幅が広がるんだなぁと思いますが、過去に挫折しています hi PICを使ったキットは、外付けの部品が少なかったりします。今の時代の自作の代表みたいな感じがしますね。

 

|

« QSLチェック完了 | トップページ | 大島迎撃失敗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« QSLチェック完了 | トップページ | 大島迎撃失敗 »