« ARISSスクールコンタクト | トップページ | かすみがうらの草刈り »

2021年4月14日 (水)

ゆらぎキーヤー 完成

Yuragis1

基板完成で動作チェックまでをおこなったゆらぎキーヤーですが、一応の完成形となりました。といってもアルミの板に取り付けただけではあります。押しボタンスイッチの突起部がICの上部とほぼ同じ高さなので、このままケースなどに入れると押しボタンSWを押せなくなる。上部にアクリル板などを取り付けるのも横から誇りが入るだろうし、あまり意味が感じられない。基板についている取付穴は2か所だけなので、自立させることもできない。とりあえず、頑丈なケースに入れるより、アルミ板に取り付けておく方法が安定して使用できそうだなぁと考えた。電池ボックスは両面テープで張り付けてある。自分的には左手パドル・右手その他の操作なので、基板は右側にセットしてボタンを押しやすいようにしてみた。手書きの名前が安っぽいけど、持ち出して使用するのでなく自宅用となるであろうからいいかなという感じ。

Yuragis2

裏側にゴム足が5つついている。4つは通常のキーヤー固定用だが真ん中の一つは、ボタンを押したときに基板とアルミ板を保護するために同じ高さのゴム足を取り付けた。無くても良いものだが、ボタンを押したときにたわむのが嫌かなと思って取り付けてみた。

今回も、廃材のアルミ板を切り取って使用。ゴム足・ねじ・スペーサーなどは、手持ちの部品を使ったことで、追加費用0円での完成となった。

 

|

« ARISSスクールコンタクト | トップページ | かすみがうらの草刈り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ARISSスクールコンタクト | トップページ | かすみがうらの草刈り »