« 朝のコンディションは? | トップページ | ARISSスクールコンタクト »

2021年4月14日 (水)

夜中の80m

トイレに起きた時、なんとなくクラスターを見るとC92RUの80mFT8の情報がUPされていた。それも、upした局はC92RU。これはこのバンド/モードにQRVするぞという意思表示なのか? 布団に戻らず、リモートを繋いでみる。ご本尊の信号はキャッチできない。やっぱりそう簡単にはいかないよなぁ。でも、前日はCWでSメーターを振らせる強力な信号だったこともあり、しばらく待ってみることにした。

待っている間に3573に合わせてDXの入感をチェックすると、FT8未交信のカラーがたくさん表示される。けっこうにぎやか。空いている周波数を見つけてめぼしい局を呼んでみるものの、なかなか交信ができない。とりあえず強い局を探して呼んでみても意外と反応が悪い。-10dBより強い局を見つけて呼んでも難しい。強い局がピックアップする相手を見ていると、さらに西側が多いように思った。ビームを使っているのかなぁ。でこの感じも1局だけじゃないし伝搬なのかなぁ。わずか3局しか交信に至らなかった。それもAS/ロシアとマリンタイムモービル。まあ、アンテナもEU方面ではなくちょうど東西向けのはずなので、目的方向に強く電波が飛ばない状態かもしれない。

リモートコントロールするsoftwareは表示される周波数の幅がかなり広く設定できる。3573をオペレートしながらも受信時には3567を見ることができる。にわかに3567に信号が見え始めた時に、そちらにQSYしてみると、C92RUを呼ぶEU局の信号が見えた。ご本尊はまだ見えない。そのままワッチしてしばらくたつとJAからもコールが始まる。まだ見えない。さらに待っていると、JAにリターンがあったようだ。周波数を下の方に引っ張られてレポートを送っている。もうすぐチャンスが来るかも? そしてC92RUのCQが一度表示された。-19dB。もう少し強くならないと厳しいかなぁ。消えるときもあるのだが、じわじわ上がってくる気もする。-15dB。そろそろ呼べるチャンスが来るか?相手からリターンがあっても、その次のレポートを相手に届かせなければ交信成立までたどり着けない。できるだけ失敗の可能性を小さくしたい。-14dBになったときにもう待ちきれずコールを開始してしまった。信号はじわじわ上がってきて最大で-10dBまで見えた。リターンのある局もJAが中心となり、チャンスはありそう。でも、レポートを相手に届けられず、送信周波数を外にはじかれた局もいる。ラストチャンスを生かしきれず再度呼び始める局。相変わらず自分の信号はピックアップされない。だんだん弱くなっていき-15dBぐらいまで信号が下がってしまった。そして、ご本尊が全く受信できなくなってしまい、こちらの送信もストップ。こちらが受信できなければ、交信の可能性はゼロ。まだ呼んでいる局もあり、時折下の種は数に引っ張られる。まだ出ているようだ。出ているのに見えないのは手の出しようもないという感じ。あたりも白んできて80mも終わりの時間かな。

さすがに眠くなりもう一度寝直すことにした。すでにQRT予定の日程を過ぎているのでラストチャンスだったかもしれない。

 

 

|

« 朝のコンディションは? | トップページ | ARISSスクールコンタクト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝のコンディションは? | トップページ | ARISSスクールコンタクト »