« 自宅でのFT8の交信 | トップページ | オールアジアは欠席 »

2021年6月18日 (金)

CQ誌 発売 6mアンテナ修理

土曜日に運用しそうな感じがして、先日ワイヤー部分が切れた移動用デルタループを修復して上げなおしてみた。移動用とはいいながらも自宅に置きっぱなしになっている。仮説だからいろいろとアンテナを変えてみることもできるのだが、自宅からだとやっぱりフラストレーションがたまるような気がする。

平日ではあるが、FT8を見ていると未交信の相手の信号が見えてくる。LWATUQRP)の貧弱な設備でも、いちおうログがのびることがすごいと思える。7MHzあたりだと交信可能な相手と交信しつくしたと思っていても翌日には交信可能な相手が見えている。それだけ新規に参入する人が増えているということかもしれない。ただ、DTが大きくずれている局も多く、合わせてコールするのに手間がかかる。自分も始めた時は手探りだったので、同じような感じだったのかもしれない。20交信ぐらいログを進めることができた。

CQ誌の発売が、今月は18日だったようだ。駅前に購入に行った。19日が土曜日のせいかもしれない。以前は土曜日発売の時もあったような気がするが・・・。ゆっくり目を通してみようと思う。

 

6/25 記

|

« 自宅でのFT8の交信 | トップページ | オールアジアは欠席 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自宅でのFT8の交信 | トップページ | オールアジアは欠席 »