« 日曜日 | トップページ | CQ誌 発売 6mアンテナ修理 »

2021年6月17日 (木)

自宅でのFT8の交信

自宅監禁日で、ぽつりぽつり無線機の電源を入れ、各バンドを覗いてみた。このところコンディション把握のつもりでFT8で入感する信号を見ていたりする。自宅のアンテナ設備の弱さもあり、かなりコンディションの良いときにCWで交信できる程度なのだが、FT8だとそこそこ交信できたりするので、なんとなくFT8が中心になってくることが多い。

この日は未交信の8J3OLYMPICを見つけてなんとか交信することができた。これで8JOLYMPIC7エリアを残すのみとなった。運用者のやりたいバンドやモードのかたよりもあるのかもしれないが、意外とてこずっている感じがする。8N*OLPのほうはまだ3つぐらいしか交信できていない。DX向けのハイパワー設備による免許とのことだが、やはり「CQ DX」を打っている局は呼びにくい感じがする。この「OLP」を対象としたアワードもある様だが、国内交信に重点を置いてくれない局を対象としたアワードというのは、どうも腑に落ちない感じがする。

ハイバンドもある程度オープンしているようだが、平日だと見えてくる信号も少ない感じがする。

日没後も7MHzのコンディションが良いみたいだ。けっこう遅くまで多くの信号が見えていて、未交信の局を相手にコールしたりしていたら、80交信ぐらい進んでしまった。平日で、私の設備でこれだけできるのは、やはり交信の可能性がかなり高い気がする。未交信と交信済みの情報がはっきりわかるので呼びやすいというところもある。最近は交信済みの局も多くなってきたが、まだまだ新しい交信相手が出てくる余地はある様だ。ただ、未交信の局ほどDTズレの局も多く、なかなか交信に至らないこともあって、なかなか難しい。相手に合わせてもこちらの信号が弱いから順番待ちもそれなりにある。それでも交信できるんだからましという感じかな。今年の交信数が4000交信に達した。コロナによる外出自粛を続けているが、これだけ交信数が進んでいるのは自分でも驚いている。

 6/25 記

|

« 日曜日 | トップページ | CQ誌 発売 6mアンテナ修理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日曜日 | トップページ | CQ誌 発売 6mアンテナ修理 »