« QSLの送付(預け) 最近の運用 | トップページ | 自宅でのFT8の交信 »

2021年6月13日 (日)

日曜日

前日のお仕事で疲れていたせいか、朝寝坊になってしまった。岐阜はもうすぐ終わりの時間になっている。とりあえず、7MHzで山梨からスタートすることにした。山梨コンテストは短い時間ながらも県外局同士の交信が有効なので、交信相手は思ったより多い感じがする。とりあえずは山梨を探し回るがやはりなかなか見つからない。ふだん埼玉から出ている局が乗り込みをしているようで、まずはマルチを確保した。その後呼び回りをしたりして県外局も交信し3交信ぐらいは山梨局も交信できて、上のバンドを回ることにする。14MHzでは山梨局がいないなぁと思っていたが、終了後に確認すると、14MHzはコンテストで使用可能なバンドではなかったようだ。旭川の参加者を1局ログイン。そして21MHzに上がり山梨コンテストで3交信。ただし、山梨県外局だけの交信。HRTCで1局追加したもののMのつくメンバー局というだけで、旭川の局は0交信で終わってしまった。

山梨コンテストレート

Yamanashi-rate

HRTC旭川コンテスト・レート

Hrtc-rate

ポイントはかなり低いので省略(本当は県内局のポイントを修正する必要があるので正確なポイントになっていないため)

 

少し昼寝をして、24MHz FT8がだいぶ開けていたようで、未交信局を中心にログを進めていたら、80交信を超えてしまった。安定してオープンしていたことと日曜ということもあって交信したい相手が減らないような状況だった。ハムログを見てみると、開局以来の24MHzの交信が2000を超えていた。HFで一番交信数の少なかったバンドもとうとう2000超えとなったなぁという感じ。ちなみにV/UHFでは1200MHzの交信数が600程度なので、4桁になるのはまだまだ先の話になりそうだ。

 

結果的に一日中無線をやっていたような感じになった。

 

6/16 記

|

« QSLの送付(預け) 最近の運用 | トップページ | 自宅でのFT8の交信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« QSLの送付(預け) 最近の運用 | トップページ | 自宅でのFT8の交信 »