« 西多摩郡檜原村 砥山移動 | トップページ | 1ヶ月分のQSL預け »

2021年10月27日 (水)

奥多摩周遊道路 風張峠駐車場

21_20211031164601 奥多摩周遊道路での道路としての最高海抜となる風張峠は、何度か運用しているが、V/UHFでは壁になるところが多いせいかあまり良い成果の残した記憶が無い。まあHFローバンドならある程度はできるだろうと思っていた。

22_20211031164101 駐車場についてアンテナの設営を行う。駐車場の利用者は、自分が到着したときに下山したらしく、車を出発させたところで誰もいなくなった。3.5/7MHzのダイポール。リグは昨日と同じKX37MHzで運用を開始して、良いテンポで交信を重ねられた。パイルアップが鳴りやんだところで、JJ1TTG局が呼んでくれた。ラグチューできる相手なので、なんとなく場所の説明なども織り交ぜて交信。自分としては満足な交信となる。すこし長くラグチューしていると、次に呼んでくる局がいなくなる。このタイミングで3.5MHzQSYしてみる。CQを出し続けても4局しかコールがかからなかった。再度7MHzに戻る。また呼んでもらえるようになる。枯れるまで交信を続け、今度こそはと3.5MHzQSY。それでも6交信しかログが進まなかった。もう少し遅いほうが伝搬が良くなることは承知しているのだが、ゲートの閉まる時間も近づいてきて、撤収を決めた。2バンド合計で96交信できているので運用としては満足な感じもする。

撤収を終えて帰路につくが、いつもどおり数馬の湯に立ち寄る。登山の汗も流し、着替えもしてすっきりとした気分になる。なんとなく気持ちが良いのはここの温泉が温度的に自分に合っているのかもしれない。ゲートクローズの1時間後まで営業しているというところもちょうどよい感じで、立ち寄るときにはほとんど他のお客さんがいない状態。今回も最初は貸し切り状態だった。あとで一人入ってきたが、それっきり。帰路の檜原街道はゲートが閉じているので行き止まりとなっていて、通る車も少なく快適に走ることができる。最終のバスに追いついてしまうと、安全に追い越せる場所で、追い越しを促してくれる。ありがたい。自宅までの高速も順調に進み、21時前には帰宅することができた。

 

10/28 記

10/31 写真張り付けました

|

« 西多摩郡檜原村 砥山移動 | トップページ | 1ヶ月分のQSL預け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 西多摩郡檜原村 砥山移動 | トップページ | 1ヶ月分のQSL預け »