« 栃木県出張 | トップページ | オール旭川コンテスト 副賞 »

2021年10月10日 (日)

全市全郡コンテスト

土曜日は仕事で帰るのが遅くなりそうな感じだった。早めに終わったと言っても帰宅したら全市全郡コンテストがスタートしていたという時間。翌朝に移動する気になるかもしれないと思い、その日は風呂に入って休むことにした。

目が覚めてもモチベーションが上がらない。月曜の仕事も早くから出発する予定なので、あまり疲れても困るかなと頭に浮かぶ。移動をするよりも最後まで参加できるhomeからの運用にしようと考えゆっくりと朝食をとった。

Homeからの参加となるとどのような参加スタイルになるか? ちょうど上げていた430MHz3段コーリニアの状態を確認するためにも430MHzシングルバンドでの参加とした。スタートはFMでの呼び回り。そこそこ強い局にはストレスなく反応があるが、競合するときはやはり呼び負ける。5Wでの運用だから仕方ないかな。一通り回ったところで空き周波数でCQを開始。それほど呼ばれる感じではない。もっとも、簡単に空き周波数が見つかるような感じなので、参加者もそれほど多くないのだろうか? CWQSYして呼び回り、その後はCQ。こちらの方が呼んでもらえるような気がする。やはり了解しやすいモードで交信の確立も上がるという感じだろうか。

しばらくCWFMを切り替えながら回ってみる。SSBは聞いてみたものの誰も入感してこない。CWで友人の一人がコールしてくれた。おお、遠いところまで遠征しているのか。FBだ。と思ったら、あとで、144で交信してねと送ってくる。そうか、430はサービスで交信してくれたのかな?ありがたい。CQが途切れた時に早速144MHzQSYしてみる。シングルバンドで参加する予定で144はまったくワッチしていなかった。一通りワッチしてみても友人のコールサインは聞こえてこなかった。まだ戻っていないのかな?せっかくなので、呼び回りをしてみる。下から順番に呼び回っていると、通り過ぎたところにも新しい信号が見える。バンドスコープというのはほんとうに便利なものだなぁと思う。当該周波数にVFOを合わせてみるとビンゴ! 早速コールした。こちらの受信は弱いもののすぐに応答がある。耳が良いなぁ。モービルホイップと経年変化のありそうな同軸ケーブルを使っていたので不安はあったものの、とりあえず約束は果たせたのでひと安心。せっかくQSYしたので、自分でもCQを出してみて、数局ログインした。

その後は430MHzをメインにしながら、交信相手が枯れてくると144MHzもワッチし、未交信局が聞こえたら呼んでみる。途中、2回ほど中断しながらも21時まで運用を続けた。電波の届く範囲に参加局がいても24時間をフルに参加しているわけではない人も多いので、うまく相手が運用する時間に当たれば交信できたりする。こまめにワッチすると未交信の局は現れるという感じ。マルチバンドで参加する局も一つのバンドに使う時間は限られていると思える。なるべくすれ違いを減らすようにすると、それなりにログが進むという感じに思える。

Acagrate Acagpoint

シングルバンドでエントリーするつもりで参加していたので、交信の成果は偏っている。もう少しで150交信だったのに・・・。レートで落ち込んでいるところは、昔のアイドルグループの特番をやっていたので、コンテストを中断して見てしまった。録画していたので、後で見ても良かったのだが、始まったらそちらに引っ張られてしまった。最後の1時間の落ち込みもドラマを見てしまった。まあフル参加ではないからいいかな。移動に出かけると無線に集中するのだが、住居からの運用だと集中できないところもある hi

コンテスト終了後にログだけでも出そうと思って規約のページを開いた。シングルバンドエントリーなら出力で部門が変わるのかなと思っていたら、144MHzより上は出力による部門訳はない様だ。HFだけQRPでの部門があるんだなぁ。この辺はしっかりと目を通していなかった。どうしようか考えた末に電信電話QRPXAP)にしてしまった。この部門だったら、他のバンドにも力を入れるべきだったか? でも、総得点は低くなったものの、当初考えていた430MHz-3段コーリニアの成果を感じるという意味では悪い運用ではなかったと思う。8段コーリニアに設備変更するアイデアも固まりつつあるので、近いうちにこのアンテナも移動用に戻すことになるかもしれない。8段コーリニアのほうは、多少の加工が必要なので、すぐに変えるというわけではない。

翌日の仕事が朝早いので、ログの後処理も後回しにして早めの就寝を決めた。

 

10/12 記

|

« 栃木県出張 | トップページ | オール旭川コンテスト 副賞 »

コメント

CWでの交信有難うございました。
途中、FMでRUNされているのをお聞きしましたが、FMの信号もクリアに入感しておりました。
最近は430メガの参加局は増えてきているようで、割とバンド内は賑わっていたようでした。
SSBは私も1局交信しただけでした。

投稿: JA1OTP | 2021年10月12日 (火) 20時55分

JA1OTPさん こんにちは

コンテストではありがとうございました。
強力な信号でした。良いロケーションの場所を確保されたようですね。

私もPHONEで声を聴きましたよ。ちょっと高いほうが強調されているような気が・・・。特殊なマイクを使用されたのかな? 勘違いかもしれませんが。

コンテストは良いロケーションで運用するのが一番ですね。

投稿: 7K1CPT/Yama | 2021年10月12日 (火) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 栃木県出張 | トップページ | オール旭川コンテスト 副賞 »