« サバイバル 8日目 | トップページ | CQ誌 発売 »

2021年11月18日 (木)

埼玉県戸田市移動

高所に出かけたいという気持ちはあったのだが、気がつくと出発するには遅い時間。結局お昼過ぎに出発し、戸田市へと向かった。以前は何度も運用に来たところだがゲートがクローズになって運用できなくなり来ることもほとんどなくなった。

入り口のそばにバイクを止め、そこから土手の上まで歩いていく。100mぐらい進んだところの階段に手すりがあるのは知っていたので、そこに釣り竿を縛り付け2mVDAを上げる。FT-817/5Wで運用を開始する。サバイバルの期間でなければ日中の2mは閑古鳥かもしれない。山から出ても12局程度だろうが、この期間だけはワッチしてくれる局がいるような気がする。

Toda_20211118205801

CQ空振りもあったものの、15局と交信することができた。でも15局目はバッテリーアウトで尻切れになってしまった。こちらの切れ方を察知したのか、それに対応した送信をしてくれた。電源が復活したときに出力を下げ最後の送信にチャレンジするが言葉を発する前にまた落ちてしまった。フルチャージではなかったかもしれない。インジケーターを信用せず、充電しておけばよかったのかもしれない。もっとも、フルパワー出していたから2時間以上の運用で使い切ってしまったのかも? どちらにしてもファイナルを送れなかったのは残念。

VDAを設置した釣り竿が手の届くところにあるので、信号が弱いとレポートされたときはアンテナを回してみる。Sメーターの振れがほとんどない相手でもS-9までガツンと振れる信号もある。すべてがその差というわけではないがおおむね信号強度が上がって届いていたようでアンテナの性能的にも満足感のある運用となった。

少ない交信数だったが、2局も自作機を使う局と出会えた。これは確率的にはかなり高い気がする。2m-SSBの自作機。どちらの方もQRHも感じずクリアな変調だった。まだまだ自作は滅びていない。素晴らしいと思う。

バッテリーが落ちてしまったらこれ以上何をやっても仕方ない。撤収を行い、以前よくアンテナを立てた場所まで歩き、彩湖の写真を撮ってきた。道には車の通った後が残っているが工事車両だけが通過できるので、一般車は船を停泊させている人しか通れないのだろう。移動で使用するには良い場所だった。閉門となってしまったのは本当に残念。

Saiko

 

|

« サバイバル 8日目 | トップページ | CQ誌 発売 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サバイバル 8日目 | トップページ | CQ誌 発売 »