« 多々良沼ミーティング | トップページ | N-VAN納車 »

2022年1月10日 (月)

オール埼玉コンテスト

代車での参加となってしまった今年のオール埼玉コンテスト。装備が十分ではないこともあり、オールバンド参加はきびしいと考えていた。でもシングルバンドでは間が持てないような気もして、HFマルチかVUマルチのどちらかだろうなぁという感じを考えていた。機青を入れて高所に移動するならVUマルチ、平地ならHFマルチというところか。2日ほど前にラグチューできた方から、前年さいたま市桜区のマルチが取れなかったという話が出ていた。そんな話題を話しながら心はほぼHFマルチに固まりかけていた。

当日はさいたま市桜区に行ってみるものの、300mほど離れた土手のもう一つの停車場所にアンテナがあがっている。さすがに良い場所でもあるのでこればかりは仕方ない。場所を変えて西区のほうに移動してみるとそこにはアンテナも無く、停車位置も空いていたので、早速アンテナの設営に取っかった。

Dp

上は3.5/7MHzのダイポール、下は14-21-28MHz3バンドダイポール。この2本の切り替えですべてのバンドを使うことができる。設営後にチェックしてみたら28MHzだけがSWRが高い。もしかしたら28MHzのエレメントだけ途中で断線してしまったりしているのかもしれない。太めの配線用ビニール線で作ったものなので、アンテナエレメントとしては細すぎるくらいだったかもしれない。でも、結構長く活躍してくれていたような気がする。とりあえず4バンドでスタートすることにした。

開始前は14-21MHzDXの入感具合をチェック。閑古鳥状態。3.5/7MHzQRVしている局を呼んで飛んでるチェック。JO2ASQ/7の交信は3.5MHzのバンドNEWのところを一つもらうことができた。

スタートはやはり3.5MHz。スタートから40分ぐらいは良いテンポで呼んでもらえた。でも、呼ばれなくなって呼び回りになってみると、競り負けるので効率が落ちる。埼玉県内のマルチ確保といっても近いから交信しやすいわけではなく電離層反射の局には勝てない状態が続く。60QSO/1Hのペースになるかと思っていたがここで大きなブレーキがかかってしまった。でも3.5MHzはスタート時ぐらいしか相手がいないだろうから今やっておかなくてはという感じ。

一通り交信できる局はこなせたかなと思ったところで14MHzQSYしてみる。今、聞こえている相手は交信しておかなければ・・・しかし、全く相手がいない。21MHzのほうが賑やかそうだったのでとりあえずそちらを先に・・・。まあ、それほどたくさんの交信ができるわけではないのだが・・・。14MHzに移っても先ほどとコンディションは変わらなかったようで、4交信して待望の7MHZQSYする。

Rig

今回、IC-705を使っての初コンテスト参加となった。バンドスコープのおかげで空き周波数が見つけやすい。数局呼んだ後にすぐCQを出せるようになった。呼ばれ始めてからは怒号のパイルアップ状態。でも、思った以上にコピーしづらい。SDR受信のせいだろうか?重なりすぎると飽和してしまうような感じで符号が溶け合ってしまう。リグに慣れていないせいか、RFゲインを下げるのはどこだっけ?なんていう状態なので、そのまま1文字でも聞こえた相手を指定して信号を減らすよう努める。もう少し使いこなせるようなならないとだめだなぁと思いながらも、符号が重なってもある程度聞き分けられるアナログ機のほうがパイルアップには有利なんだろうかという気もしてきた。

ログ入力に手間取って、ちょっと隙間を空けてしまった時に、すかさず呼んできたおなじみさんに反応して、この日一度だけ「1交信1-ID送出」を破ってしまった。この交信以外は全て交信後に自分のコールサインを送出して次の交信に進む手順を変えなかった。7MHzはやはり国内向けにオープンするバンドだなぁ。使っている局も多いし、充分楽しめる。80-交信/1Hを超えるペースでログを進められたのも、このタイミングの2時間弱の時だけだった。(時間帯としてはもう少し早い時間のほうが良かったのかもしれないが、他のバンドの交信の伸びを考えるとどうしてもこのバンド選択は後回しになってしまう。)

たのしい2時間の7MHz運用の後に、一度14-21をワッチして交信相手がいないことを確認してから、3バンドDP28MHzダイポールに張り替えた。こちらをロープ引っ張り上げにしておいてよかった。この行動は正解だったようで、28MHzに運用局がいくつか見つかって、ログを進めることができた。CQにも応答してくれる局もいてありがたい。10交信ほどではあったが6マルチもあり、QSYした甲斐があったと思う。

その後は7MHzに戻ってログを進めたり、3.5MHzを覗いたり、再度28MHzに行ったりしながら、そこ少しずつでもログを上乗せしていった。残り10分というところで、交信相手も尽きたような感じがして終了することにした。

Stpoint Strate

目標にしていた300交信には届かなかった。でも、QRPで参加してそれなりに楽しめた。オール埼玉コンテストは、QRPの部門も無ければ電信部門も無い。そんな中で偏った参加の仕方は優勝を目指す運用ではないともいえる。まあ、参加しているときが楽しければ良いのかなとも思っている。

コンテスト中に話しかけたそうな人が一人いたのだがパイルアップになっているときで、応対できなかった。残念。通常の交信中なら運用をやめて話をしても良い気がしたがコンテスト中だったので、残念だった。撤収を終えたころに多々良沼でお会いした某局が自転車で寄ってくれた。コンテスト参加することはFBに書き込んでいたので、それを見て運用場所を特定したようだ。別の場所で運用していた局の設備を見ていてちょっと遅れたと言っていたが、コンテスト中に到着しても、応対できなかったと思う。

代車を使用しての運用もこの日が最後。2週間ほど使用して走行600kmぐらい。途中雪などで移動を断念したりもしたが、けっこう遊ばせてもらった。納車予定は翌日。移動に使用するようにはなると思うが、室内の設備構築にはしばらくかかると思う。前の車も満足できるまでに1年ぐらいかかっていたし、使いながら思いつくアイデアやレイアウトもあるだろう。これからが楽しみではある。ちょっと手違いがあったようで、発注しておいたスタッドレスが間に合わないらしい。もう冬のシーズンも半分終わっているようなものなので、いったんキャンセルして来シーズンに付けようかなとも考えている。

 

1/11 記

|

« 多々良沼ミーティング | トップページ | N-VAN納車 »

コメント

QRPでの参加でしたか。アンテナがしっかりしているので、毎度良く入っています。本年もよろしくお願いします。

投稿: JK1LSE | 2022年1月11日 (火) 07時49分

JK1LSEさん こんにちは

コンテストではありがとうございました。
HFマルチバンドなのに、複数の7MHzシングルの方より交信数が少ないみたいです hi

今回はSDRトランシーバーのコンテスト導入をメインテーマでやってみました。呼ばれすぎると飽和することが少なく無かったように思いますね。

また、次回のチャンスにもよろしくお願いします。

投稿: 7K1CPT/Yama | 2022年1月11日 (火) 08時06分

オールバンドも考えたのですが、ローバンドが弱いので今年もVUにいました。hi
結果、お会い出来ませんでしたね。
私も乗り込みしてみたいんですが・・・。(^^;

投稿: JM1EKM | 2022年1月12日 (水) 23時05分

JM1EKMさん こんにちは

コメントありがとうございます。

代車のノーマルタイヤが不安なこともあって、V/Uに良い場所への移動を断念してしまいました。
今回はHFマルチという初めての選択だったのですが、自分なりに楽しめました。

EKMさんもオール千葉での乗り込みの楽しさを知っているのですから、機会があったらぜひ
乗り込み参加をしてみてください。寒さもふっとぶ楽しさが見つけられるかもしれませんよ。

投稿: 7K1CPT/Yama | 2022年1月13日 (木) 08時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 多々良沼ミーティング | トップページ | N-VAN納車 »