« さいたま市西区移動 | トップページ | 飯能市 柏木山 »

2022年4月11日 (月)

飯能市 多峯主山移動

朝のうちはちょっとバタバタしていたが、天気も良いので出かけることにした。山もご無沙汰気味なので、比較的低山で楽に登れるところを思いついた。飯能の天覧山・多峯主山。西武池袋線の突き当りでもあり、アクセスが良い。

01_20220412094101

飯能駅北口から歩き始める。知られたハイキングコースでもあり、標識も多い。歩道にも表示があった。

お寺のところから登り始める。久しぶりの登りなのでちょっと息が切れるが、登り始めはいつもこんな感じ。すぐになれるだろうと登っていると山頂に到着してしまった。さすが標高195mの低山。移動運用を始めたころにハンディ機を持って登ったことがある。思い返せば30年ぶりに来たということになる。小休止した後に多峯主山に向かって歩き始める。こちらの方向は初めて歩く。山頂から階段が続き、平地のレベルまで続いた。見返り坂というらしいが、見返るのもわかるような気がする。階段ばかりだと登りに使った時はしんどいかもしれない。東京タワーに階段で登ることを思い出した。

平地を少し歩き、多峯主山の登り口に進む。ゆっくりした歩きの後に階段が登場する。ここも少し長く感じる登り切ったところに木製のベンチがある。小休止した。出発すると、平地を歩くような山道が続く。杉の木に囲まれ木漏れ日が差し込む程度の感じは、涼しくて歩きやすいと感じた。そういえば今年はそれほど花粉症がきつくない。マスクをしているせいだろうか?それとも老化で反応が鈍くなったのか?

まっすぐ進む道と階段の道の分岐が現れる。どちらも山頂に向かうようだ。階段のほうが近道と思いそちらに進む。多少息が切れるもののゆっくり進む。目の前に鎖場が見えてきたが、子供の練習用に鎖をつけているような感じかもしれない。横には鎖を使わなくても登れる階段状のコースもある。ここを登り切ってほどなく山頂の広場が見えてきた。

山頂の広場はけっこう人が多かった。平日にもかかわらずハイキングに来られる方は多い様だ。ベンチも多いのだが、山頂横の一つしか空いておらず、その場所にリュックを下ろし、一息ついてから写真を撮り始める。

02_20220412094101

山頂標識の周りを囲むように3つのベンチがある。ここを使われていると記念写真を撮ろうとしても映り込んでしまう。自分の場所は真横なので大丈夫そうだ。

03144

作ってから出番を待っていた144MHzの垂直Vダイポールを設置する。給電部にエレメントを蝶ネジで止めているので、任意の角度に開けば完成。三脚のネジに取り付けて使用する。山でこのアンテナの写真を撮りたかった。

設営後は運用を開始。IC-705に接続してSSBをワッチするが誰も出ていない感じ。CQを出し始める。ほどなくコールしていただけた。それほど高くないこの場所からでも、まあまあ良い反応がある。受信信号も強い方が多い。でもさすがに平日ということもあり、交信数は6局で頭打ちとなる。

04430

アンテナを430MHzに変える。前回ツツジ山で行った2eleプリンテナの直結。リグを三脚に取り付けてのスタイル。バンドスコープがあると空き周波数を見つけるのが楽になる。誰も出ていないと思われるところに周波数を合わせ、ワッチしながらハムログのRemarks欄を書き換える。手のひらサイズのPCは軽量なのだがスクリーンも小さいしキーボードも小さい。明るすぎるところではカーソルも見えにくい。でも、過去のログが確認できるのは大変便利だ。

最初の交信から途切れなく呼んでもらえた。もっとも、ゆっくりとした感じで話をしていたので、ログの進みがそれほど早い感じではなかった。しばらくして交信相手が話しているときに被りを感じた。周波数チェックをされたかな?受信中でもあるが被りの切れたところで「使ってます」と送信する。だが、また被ってきた。こちらの電波が届かないのだろうか?自分の交信相手との送受信の合間にコールサインの一部を聞き取ったが、クラブ局で出ているようだ。こちらの葉充分な強さで届いているようなので、相手にもこちらの存在がわからないことはないと思うのだが・・・。極端に耳の悪い局か?それとも呼び出し周波数に近いところを取ってしまおうという考えか?バンドスコープでは空いているらしき周波数もありそうなものだが・・・。こういう時ってこちらが交信不能に陥らなければそのまま続けてしまうことが多い。待ってくれている人もいるので、新たに周波数を捜してVFOを回すのは申し訳ない感じがする。あらためてCQを出すと、充分に強い局がコールしてくれる。被りは感じるがこちらの相手のほうが強いので運用を続けられる。

144MHzから運用を初めて2時間が過ぎたころにバッテリーが終わる。5W運用で、大容量バッテリーだと、まあこんなところかな。付属のノーマルバッテリーに交換してもう1局交信する。風の温度が少し下がってきたと感じて、そろそろ終わりにしようと終了宣言をする。一度コールサインが聞こえたのだが、こちらを呼んでいるか確信が持てなかったので応答しなかった。混信していた相手を呼んでいるのかもしれない。CQの後なら自局のコールサインだけで反応してしまうのだが・・・。こういう時に1x1で呼ばれると反応してしまうかもしれない。

16時近くまで運用できるのは、低山ということと道迷いもなさそうなコースだったというところもある。出発が遅かった割に結構楽しめたと思う。行きの途中でコンビニを見つけられず、お昼ご飯を抜いて登ってしまった。飯能駅まで戻って、遅い昼食(というか、結果的に夕食になった)しっかり食べてしまった。帰りの電車も一本道で帰れる。急行と各駅停車の乗り換えはあるものの、楽な移動だった。

4/12 記

|

« さいたま市西区移動 | トップページ | 飯能市 柏木山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さいたま市西区移動 | トップページ | 飯能市 柏木山 »