« 移動に行かず。 | トップページ | 出張 »

2022年5月 1日 (日)

QRP Sprint コンテスト

フル参加できるのは久しぶりのような気がした。50MHzも含めると高所移動したかったところもあるが、翌日の仕事のことを考えると近場からQRVするのが良いのかなという感じがしていた。天気は午後から崩れる予報もあったが、バンドチェンジを少なくすれば我慢できるのではないかと考えた。運用場所はさいたま市西区をターゲットにしていた。少し早めに出発して設営が終わったらコンテスト開始までも普通に交信できれば良いかなという感じもしていた。HAMtteパーティもスタートし、今回から1200MHzも加えられるということで、視野に入れて出発をした。

Nishiku_20220506083501

目的地の西遊馬でアンテナを設営している様子が無かったのでさっそく設営を開始した。6mはデルタループ、HFはダイポールを設営する。21MHz28MHzVDAを考えていたのだが、天候のことが気になって、今回はダイポールでバンドチェンジすることにした。コンテスト用のアンテナを設営した後に1200MHzのアンテナも車に取り付けた。

コンテスト開始まで十分時間があったので120MHz-FMCQを出し始める。HAMtteパーティのおかげかまあまあ呼んでもらうことができた。平地でも交信を楽しめるのは良い感じがする。期間中に高所に移動して交信を楽しみたい感じがした。

12時からコンテスト向けの交信をスタートする。6mCWSSB2モードで交信できるので、なるべく交信数を稼ぎたい感じもする。14MHzはいつもながら6エリア8エリアが強く他のエリアは少ない感じがする。近距離のマルチも取れない。21MHzも同じ感じで数局ログイン。28MHzではCQを出しても呼ばれず、他にQRVしている局も見つからず、無交信で運用時間を過ぎてしまった。

14時頃に小雨がぱらついてくる。悪化しなければいいなぁと思いながら前半戦が終了する。1時間の空き時間にも間が持てず、6m-SSBCQを出し、コールしてくれた局と少し話し込んでしまい、この時間は1局のみの交信となった。まあ、楽しい交信であれば局数は伸びなくても良い時間の使い方だろうと思う。

ローバンドの時間が始まって、7MHzでは良いテンポで交信ができる。しかし、良いテンポで交信を進めていたのに、雨が強くなり不安になってくる。発電機は大丈夫だろうか?防水というわけではないが、車を盾にして風下に移動して運用を続けてしまった。雨の中3.5MHzQSYし粘ってみる。伸びが鈍かったが再度7MHzの戻るのも躊躇してしまう。3.5MHzは何時まで運用するべきか?いろいろと考えながら、残り時間40分となったところで1.8MHzQSYする。先日のALL JAほどにはならず、とりあえず呼び回り、そしてCQQRPの信号ながらも強力に入感する局、あまり強くなく受信に苦労する局。いろいろ。こちらもQRPなので相手の受信もきつい場合もあるのだろう。でも果敢にQRPpでコールしてくる局もいて、さすがだなぁと思えてしまうこともある。

20時まで走り切った。結果はこんな感じ。

2022-qrp-sprint-rate 2022-qrp-sprint-point

自分なりに満足できたと思う。運用を終了して撤収に取り掛かる。雨は小降りになり、ついてる!と感じた。撤収を完了したころにはほとんど雨は上がっていた。ある意味ついていたかもしれない。ずぶぬれになったアンテナとロープは防水用のマットの上に置いておいた。ロープは次回の移動の時に洗って干したい。車も洗車したい気がするので、次回の運用は洗車を意識した移動にしたいと思う。

5/6 記

|

« 移動に行かず。 | トップページ | 出張 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 移動に行かず。 | トップページ | 出張 »