« 2022年6月 | トップページ | 2022年8月 »

2022年7月31日 (日)

7月末

7月は本業の方が予想外に忙しかった。無線の運用もなにかのついでや隙間に行うぐらいで、自分で「やった」と思えるほどの成果はなかったようにも思える。アンテナ作りも何も手を付けられなかった。

30日の仕事が遅かったこともあり、末日はIOTAコンテストのための移動も考えていたものの、出かける気持ちにならずにゆっくり目が覚めてしまった。3週間後に開催されるハムフェア出展のための作業を少し進める。ドネーションいただいた方へお渡しするコールサインバッジとQSLカードの印刷発注を行った。原稿をそれぞれの会社に送り、入稿を確認する。この時点で返金されない経費が掛かることになるので、ハムフェア自体の中止はかんべんしてほしいところとなる。コールサインバッジの入稿は人数分の原稿を作り送らなければならないので、結構なデータ量となる。3つほど圧縮データに不具合があったようで送りなおしをする際に、受注元からファイルを小さくするための新しい手段を教えてもらった。もっとも新しいというよりは、私が使い方を知らなかっただけなのだが・・・。フォトショップはバッジを作るときとQSLカードを作るときぐらいしか使っていなくて、機能を熟知しているわけではなく、必要な作業だけできればよいくらいの感覚で使っていた。ガイドブックもあるにはあるが、必要なところしか読んでいなかったようだ。まあ、簡単な加工作業はウィンドウズの付属ソフトや無料画像加工ソフトで間に合っているのでフォトショップまでひっぱり出すのは納品原稿のファイル形式が限定されているからという理由だけだった。

作業をしながらも無線機の電源を入れ、FT8で各バンドをワッチしてみる。ほかの作業をしていても入感の具合が画像として見られるので、コンディション把握にはもってこいという感じ。交信できそうな相手がいればコールして交信したりしている。自宅の貧弱なLWでも、そこそこ交信という石化を残せるのはありがたいという気がする。7MHzでは国内局がにぎやかだが、交信していない相手の信号はプリントされる色で判断できるので、重複交信も少なくて済む。もっとも、自分としては重複交信はwelcomeなのだが・・・。 ハイバンドはDXも含めて入感する信号もある。受信信号が強く表示されればコールして交信できる可能性もあり、ワッチで受信に集中していなくても無線ができるというのはありがたいことかもしれない。でもやっぱり、受信に集中しているから楽しいというところもあるなぁとあらためて思ってしまう。ハイバンドで見つける国内局は4対6ぐらいの割合で、信号が強くても相手にされない感じがある。DX以外には興味を持っていないのだろう。ちょっと残念。ただ、実際はこちらの電波が弱すぎて応答してこないのかもしれない。FT8は微弱な電波どうしであっても交信が成立できそうなモードではあるが、お互いもしくは片側の技量の低さから交信成立まで進まないこともある。こればかりは経験によって判断がつきやすいところもあるので、どれだけ理解してコントロールするかというところは個人のスキルと言えることなのかもしれない。自分も、始めたころはわかっていないところも多かったし、知っていれば交信成立できたかもしれないことは多々ある。それも含めて、やはり「交信をすること」が全体的なスキルアップにもつながるし、交信を成功させるために行う工作・実験にも力が入るようになるということなのかなと思う。正直なところ設備のすべてを既製品で揃え電波を出すこともできる。無線人口全体からみれば、そうする人が大半であり、それだけでも伝搬やいろいろな経験ができるということもわかっている。でも、アンテナ作りなどはチャレンジしやすい分野でもあるし、(最近はあまり手を付けなくなったが)送信機作りも、自分の発射する電波を自ら作り上げ交信するという面白いことにチャレンジできる分野としては、良い趣味かなぁと思える。周辺機器を交錯するのも楽しい。

なんだか、だらだらと書いていると話が脱線する傾向にあるかもしれない。FT8での交信は30ぐらいをログに残すことができた。

8月は本業も少し楽になる予定なので、もう少し無線関連に注力できるだろうか?それにしても暑い日々が続いている。写真などを撮るために移動したいところではあるが、暑さにやられてしまいそうな感じもある。

 

8/1 記

| | コメント (0)

2022年7月20日 (水)

QSLカード チェック

JARLからの転送QSLのチェック。いろいろとコメントを書いていただいているものは、手が止まって読んでしまう。自分は発行枚数が多いことを理由に一枚一枚にコメントを書いていないところもある。頭が下がる思いがする。

QSLカードのデザインは個性の主張かなという感じがしている。データが正しければ交信証としての役割は十分なのだけれど、どのようなものにするかはやはりそれぞれの思いなどもあるのだろう。比較的多く思われるのは鉄道と飛行機。好きな人が多いのだろうなぁ。そして風景写真はいろいろなパターンがある。観光名所や自分の気に入った場所。富士山の写真も多い。自分のアンテナ設備を撮ったものも少なく無いかな。白紙にデータのみというものも少なく無いが、「交信には興味があってもデザインには興味はありません」という主張かもしれませんね。コンテスト交信などではQSLを発行しないと呼んでもらえなくなるという話もちらほら出たりします。形だけでも発行しなければという気持ちなのかもしれませんね。

こまったQSLは毎回ありますが、今回はコールサインの文字がアーティスティック過ぎて判読できないものがあったりします。字が小さすぎて読めないとかどこにコールサインを書いているのか探すのが大変という場合もあります。せめてコールサインと交信データぐらいは普通の文字でわかりやすい大きさにしてほしい気もします。発行済みのデータを再度記入しなくてもいいので・・・。

今回はSWLからのカードも届いていました。これにも返信をしなければ・・・。次回の転送に入れますので今しばらくお待ちください。転送も9か月ぐらいかかっているようなので、SWLに対する返信を受け取るのも1年半ぐらいかかることになりますね。この記事を読んでいただいたSWLの方だけになるかもしれませんが、SWLカードの発行と同時に、SWLのデータを送っていただければ、返信を先にお送りすることもできます。そうすればお互いに9か月ぐらいでカードを受け取れることになるかもしれませんね。ふと思い出したんですが、SWLのカードって白紙に印刷するタイプが多いような気がします。返信を期待できないと思い込んでカードにお金をかけないようにしているのかなぁ。

 

| | コメント (0)

check report

ALL JAのCheck reportが届きました。

All-ja

686交信で減点ゼロは、まあまあ丁寧に交信できたかなぁと思います。

ユニークコールは友人のコールサインでした。ログ提出が無かったのは残念ですが、ありがたい感じです。

最終結果が期待できます。でも、1.8MHzの使用が可能となってから初めてフル参加したコンテストですから、期待しすぎるとがっかりするのかもしれませんね。

 

| | コメント (0)

2022年7月19日 (火)

CQ ham radio 8月号

CQ誌が発売になりました。2か月ほど前に原稿募集があったので、自分でも書けるかなぁと思って文章を作成してみました。300字という制限では細かいことが表現できない感じでしたが、写真を含めて投稿し、掲載していただきました。

Cq_20220719082901

このところ、山に行くときに愛用している144MHzDP430MHzプリンテナ。430MHzの方はカメラ三脚に取り付けて回すことができるので、ビームの合わせにも使えて便利なところを写真にしてみた感じです。

詳細(といってもあまり詳しく書けていませんが・・・。)はCQ誌を読んでいただければと思います。写真では文章は読めないと思います。 

筆者の特権で見本誌を送っていただけました。土曜日に受け取っていましたが、発売日ということでブログの記事にしてみました。

| | コメント (0)

2022年7月17日 (日)

栃木県足利市 大岩山

時間ができることはわかっていたので、午後から近くの低山を目指します。以前交信した方が教えてくれたロケ―ションの良い駐車場を目指します。到着すると数台の車が停車しており、その先には展望ベンチがあります。見晴らしは素晴らしい。いかにも電波が飛びそうな感じがします。ただ、ハイキングで休憩や食事をとっている人が多く、写真を撮りそびれてしまいました。

ここから一番近いピークの大岩山を目指します。徒歩で20分程度の道。11_20220718195601 5分ほどで舗装道路が終わりそこから山道。ほとんどが階段登りみたいな感じです。気温が高く雨が降ったせいか湿気もかなりあるのですが、木立のトンネルを歩いているようで、思ったよりもきつさは感じられなかった。山頂は木々に囲まれ眺望がありませんが、上だけは開いていて、日差しがちょっときついかな。

12_20220718195601 13_20220718195601

山頂のベンチで設備を広げ、144MHz-SSBで運用を開始します。2時間ほどのんびり運用を楽しみました。16時過ぎになって、下山時に足元が見えにくくなるとこまるので、早めの撤収を行います。林に囲まれた道は予想外に暗くなることもあります。車に戻ってから運用をしても良いかなという感じではありました。

駐車場まで戻ると、ハンディ機を聞きながら景色を楽しんでいる方がいらっしゃいました。汗でびしょぬれになったのでさっぱりしたいと思い、運用は後回しにして街に降り温泉につかります。

14_20220718195601

のんびりした後で車に戻るとお空が光り、雨も降ってきました。雷の中でアンテナを上げる気にはなりません。結局、車中泊をあきらめ帰宅することにしました。まあ、運用はそこそこ楽しめたし、行道山などのピークは別の機会に行ってみようと思います。

7/18 記

 

 

| | コメント (2)

JARL群馬県支部大会

群馬エコロジー無線クラブも出展するということで、アイボールを楽しみに出かけてみました。

01_20220718195001 02_20220718195001 03_20220718195101

少し雨がぱらついていましたがジャンクの販売が許可される9時には雨も上がり、にぎわっていました。早いうちに受付を済ませ、各局との会話を楽しみます。ジャンク市のほうはあまり興味をもたず、ちらっと見るだけのようになってしまいました。

04_20220718195001

8J1HAM/1の運用も行われていました。超近距離なのでDJ-G7のパワーを絞ってコールしましたが、一発で取ってもらえずCQが出てしまいます。あれ?という感じで、一応ローパワー2に変更してコールして、なんとか取ってもらえました。発音が悪かったのかな?

05_20220718195101

支部大会では役員の人の紹介などがありました。オール群馬の表彰式は行われず、入賞者には先に表彰状が渡されていたようです。自分は参加できなかったので、とくになにもありませんでした。参加しようとしていた部門は、ちょっと頑張れば優勝していたかもしれない得点だったようです。

06_20220718195001

抽選会はいつものように引きの弱さでかすりもしない感じでした。参加の粗品はタオルをいただきました。名前入りでした。

午前中のみの開催ということでお昼には解散となりました。

7/18 記

 

記念局のコールサインが間違っていたことをご指摘いただき、修正いたしました 失礼しました。

 

| | コメント (2)

2022年7月11日 (月)

墓参り

日曜が仕事の予定だったので、空けて月曜日に休みとなる予定で、墓参りを考えていた。午前中に雑用を少し済ませるつもり。とりあえず、IARUのログを提出する。締め切りが近くなっているので、忘れないうちに済ませておくことが大事。その後、買い出しのため自転車を出すと前輪の空気が抜けていて、空気を入れても抜けてしまう。あれこれ調べて、空気を入れるところの虫(バルブ)を交換することで空気を充填できるようになった。とりあえずホッとした。買い出しとは墓参り用の花を買いに行くことだった。東京のお盆は715日となっていて他の地域より1か月早い。なんでかな?と毎年思ってしまう。まあ、早く済ませられるのは悪くないかもしれない。8月のお盆の時期はどこも混雑していて、車の移動が大変だったりする。

一応、帰り道にどこかで運用するためにIC-705を載せていった。しっかりした運用をするつもりが無かったので発電機は載せなかった。墓参りも無事に終わり、帰り道の運用を考える。比較的近いふじみ野市に行ってみようと考えていた。目的地に到着すると車を停めようと思っていたところが草刈り作業の真っ最中で車を停めることが難しい。ここでの運用をあきらめた。近いところとなると富士見市の南畑になるのだが、先日行ったばかりのところなのでパス。志木市まで行ってみる。秋ヶ瀬の河川敷公園で運用しようかと思ったのだが、長いアンテナが伸びた車が停まっていて、太陽光を反射するシートがフロントガラスに枯れていて様子が見えない。まあ、仕方ないかなと帰宅する方向へ車を進める。朝霞水門は頻繁に行っているしなぁ。この際だから下見をするだけのつもりで、あちこち回ってみるかと決めた。

和光市の橋の工事はもう終わっているころだと思う。行ってみるときれいな橋が架かっていた。土日の日中に開くゲートは当然ながら閉じている。ここは場所を見ただけで充分。長く行っていない板橋区の場所に立ち寄る。車では難しくなってしまった運用場所だが、バイクを止められるスペースは残っているだろうか? 以前袋小路になっていた場所は近所のかたの駐車スペースになっているようで転回するためのロータリーは駐車場と化していた。回ることもできず、バックしてその場を離れる。横幅の狭いN-VANに乗り換えて正解だったかもしれない。土手沿いにバイクぐらい停められる場所はありそうだが、頑張って移動する価値はあるだろうか?

帰宅してから雑用をしながらFT8で未交信の局を呼び回り少しログを進めることができた。日が落ちてからコンビニに行くために自転車を出したら、今度は後輪の空気が抜けている。空気を入れると勢いよく空気が漏れている。こちらも虫(バルブ)を交換して動かせるようになった。朝、両方の空気が抜けてくれていたら一度に作業を済ませられたのに・・・。まあ、動くようになったのだからいいか。勢いよく自転車をスタートさせたら腕にぶら下げていた手提げバッグが前輪に引っかかり思い切りこけてしまった。勢いでチェーンが変速機に絡まりこれを直すのに手が真っ黒になってしまった。油汚れはなかなか落ちない。

なんだか、うまくいかないことが多かった気がする。厄日だなぁ。もう何も起こらないように家でじっとしているほうが良いのかも? 出かける用事も済ませたし、これ以上は何も起こらないだろう。そう思っていたが、新型コロナの感染が広がっている関係でまた一つ仕事がキャンセルになったとの連絡が入っていた。お祓いをした方がいいんじゃないかと思えるほどの一日になってしまった。

 

7/12 記

| | コメント (0)

2022年7月10日 (日)

IARU HF Championship Contest

日曜日は仕事の予定だったのだが、土曜日に中止の連絡が入った。参加できないと思っていたIARU HF チャンピオンシップ コンテストだったが、せっかくなので参加してみることにした。土曜日の夜から移動しなかったのは気合が足りなかったかもしれない。

日曜日の朝に出発、他の人が運用しているかもしれない気がしたが、西遊馬に行ってみると誰も運用している様子はなく、さっそくアンテナの設営を開始した。9時過ぎに運用をスタートすることができた。

Nishiku_20220712093501

あまりコンディションを期待できないかなと思い、スタートから50Wで運用を開始する。ストレスが少ない状態で運用できることが、このところ運用できなかったフラストレーションを解消するためには必要かなという感じだった。日中なので、28MHzからスタートする。閑散とした28MHzはすぐに見切りをつけ21MHzQSY。近場のDX局が多いが参加局がそこそこ聞こえているのがありがたい。JAHQ局も見つけることができた。CWだけでなくSSBもワッチして回る。HQ局もWKDCWではCQも出してログを進める。JA同士でも得点になるので、コールいただけることはありがたい。多くのJA局はDX以外に興味を持っていないのかもしれないが、Wの局がけ違いにスコアを伸ばすのは国内交信でも躊躇なく交信しているのだろうと思う。こういうコンテストの時は国内コンテストのように交信数が伸びればよいのになぁと思う。

21MHzから14MHzに移るが10数局交信して頭打ちとなる。再度28MHzから降りてこようと思いQSYすると、JAHQ局を発見することができた。2モードで交信できて一安心。CQを出してみると、JA局からも呼んでもらい、多少はログが進められてよかった。21MHzは多少ログが進む。14MHzはまだオープンしていないか? 7MHzは国内向けのコンディションだろうけど、とりあえずワッチしてみてCWHQ局を発見できた。しばらくしてSSBも発見することができ、これで4バンド8交信。

運用を初めて4時間とすこししか経っていないのに頭打ちとなり、睡魔が襲ってくる。ログが進まないのならと思いしばらくFT8を覗いてみる。21MHzでインドネシアのFTDM局がたくさん見えていた。とりあえずできるところから呼び回り。VK75FAAという局やZL6FTDMCという局も交信できた。たまに信号が見え隠れしていた7Q5RUが強くなってきたのでコールし、交信できた。18MHzに移り、HPHKなど北米東海岸が取れる。コンディションが開いてきたかな?

コンテストに戻り、再度28MHzから下がる形をとったが、28MHzは開けている様子もなく、すぐに21MHzに降りる。少しEU方面が開けてきたようで、EUHQ局といくつか交信できた。一般局はあまり聞こえてこない。それなりのアンテナとパワーで一般局が呼びたくなるような信号を送り込まないと、ログの伸びはいまいちなのかもしれない。でもHQ局は北欧からイギリス・フランスまで交信できているので、八木を使って運用していれば、そこそこ交信できるのかもしれない。EUから呼ばれるというのは、どんなコールサインが飛び出してくるか予想もつかないので、CQを出して呼ばれるような時には緊張感と楽しさでぞくぞくする感じがする。最近はそんな感じを味わっていないかなぁ。

System

14MHzは北米が少し開けてきたか? 純粋にコンテストを楽しむ北米のスーパーステーションがログインされるようになる。まだ暗くなる時間ではないが、1730分ぐらいになると北米も聞こえ始め、DXコンテストっぽい感じになってくる。7MHzQSYすると国内局と北米局が入り乱れている感じ。LUも交信できた。CEと交信できてなんとなく満足感を持ってしまった。160m/80mのアンテナを追加したいところではあったが、日が落ちるのが遅いことや蚊取り線香を忘れてしまったことなどもあって、18時過ぎに3時間弱のコンテストタイムを使わず撤収を決めた。

2022-iaru-rate 2022-iaru-point

24時間のDXコンテストだとフル参加してみたいところもあるが、参加できないと思っていたところに準備もせずに参加したコンテストなので、それなりに楽しめただけでも良かったかもしれない。

7/12 記

| | コメント (0)

« 2022年6月 | トップページ | 2022年8月 »