« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »

2024年1月29日 (月)

かすみがうら行き

水道ポンプの工事の確認のためかすみがうらに向かう。9時に出たが事故渋滞などあって3時間かかった。工事の費用は12100円だった。お土産を渡した。

7/10MHzのローテーターコントローラーの電源が入らない。

18時過ぎに、翌日に仕事に出てほしいと電話があった。茨城にいることを知らせた。結果的に外注スタッフを手配できたので、出勤しなくてよくなった。こっちに到着してその日に帰るのはつらい。18時過ぎの連絡だったのですでにビールを口にしていた。アルコールを接種して車の運転を2時間行うのは避けたい。アルコールが抜けるまで仮眠して、翌朝早めに出発することも考え時間も聞いておいた。逆算すると3時起床ぐらいだろうか。

DXのバンドNEWを少し取れた。24MHzのコンディションが良い様だ。LPが強い。

水道が治ったので風呂に入ることができた。トイレは水をかさましするためにお茶を入れてしまったので少ししみがついたが掃除してきれいになった。

だいぶ時間が経ってきがついたのだが、ローテーターコントロールはライトの球が切れただけで、動かすことができた。

| | コメント (0)

2024年1月28日 (日)

POTA 代々木公園

中空きの時間を利用してPOTAの運用をしようと思い、ハンディ機を鞄に入れておいた。早朝の準備・チェックが終わり、再集合まで6時間もあった。最近は山に行けていないので、2駅分を徒歩で進んだ。代々木公園は一般道を越えるための歩道橋の端にカメラ三脚を置きハンディ機を取り付ける。アンテナは2ele

9時になる前に運用を開始して、1局呼んでもらえた。日付またぎとなり、再度レポート交換をして、CQを再開する。日曜でもあるし、10交信ならできるだろうと思っていたが、あまりログが進まない。8交信まで進んだもののあと2交信が全くできない。寒さもあって、今回の運用はあきらめることにした。

9時ごろに地震があり、震源地は東京湾、震度4だったそうだ。瞬間的に揺れただけだったので、大丈夫だろうと思っていたが、積み上げた機材は無事だろうか? ちょっとだけ不安に思い、早期の撤収の背中を押した感じだった。そのまま先ほど準備した現場に入り確認すると問題無かったようだ。

 

代々木公園のリベンジはもう少し暖かくなってからにした方が良いのかもしれない。

| | コメント (0)

2024年1月26日 (金)

TX5S

天候により到着が遅れたDXペディションは、前回シャックから帰京するために戻るぐらいのタイミングで運用が開始されたようだった。ポンプ故障により断水で予定より一日早く撤退となったのは残念だった。後半にチャレンジすべく29日にシャック入りするつもりでいたが、なんと天候悪化の情報により28日に撤退とのニュースが流れてきた。欲しかったところはDIGITALモードと14MHz1.8MHz50MHzだった。14MHzDIGITALは問題ないだろう、後半に160mの運用が開始されればさらに一つチャレンジできるかもしれないと考えていた。25日には160mで交信できた情報もSNSに上がっていて、期待が高まっていたのに、撤退の情報はいきなり谷底へ突き落されるような情報となった。フランスのチームはなんだか相性は悪いような気がする。JA(というかアジア)を徹底的に無視し続けたトルメリン。WAC完成のために夜中まで待ち続けた80mのケルゲレン。悪い印象を残されたのはフランスチームばかりが記憶に残る。聞くことさえできなかったのは生業のスケジュールによるところなのだけれど、また、残念な思い出として刻まれることになった。

相性が悪いと一言で片づけられるものだろうか?。

 

| | コメント (0)

2024年1月25日 (木)

POTAログupload

POTAのログを202010月までさかのぼってuploadしてみた。この頃のJAPOTAが始まったとなにかで読んだ気がする。公園という範囲内での運用を抜き出してuploadしていくと、自分のアクティビティが伸びているのを感じる。これから先は新たな運用でログを伸ばしていきたいと思う。自分の公園からの運用は26回だそうで、あと4か所運用すれば、上位アワードになるらしい。アワードの申請書を書かなくても自動的にPDF発行してくれるのはありがたい。あまりアワードに熱心ではなくても、「次の目標まであといくつ」と表示されると、頑張ってみようかなという気持ちになる。うまくできたプログラムだなとあらためて感心する。

 

| | コメント (0)

2024年1月24日 (水)

会員局名録

Jarl_20240204223501

早い人では22日に届いていたようだったが、その日は届かず翌日は出張があった。もしかしたらまた郵便局に取りに行かないといけないかもしれないと思っていたが、出張から帰宅すると郵便受けに突き刺さっていた。半分外に出ている状態なので、天候が悪くならずに良かったと思った。

とくにかったからと言って何かが良くなるものでもないんだけど、4年ぶりになるので購入した局名録。再割り当ての進むプリフィックスはしっかりとJARL会員も増えているが、7K1あたりだと、1ページしか使われていない。だいぶ減ったのかなと思ったが、2020-2021年版でも1ページしか使われていなかったようだ。

| | コメント (0)

2024年1月22日 (月)

N4CPT

ダイレクトで請求していたN4CPTQSLカードが届きました。QRZ.COMにはLoTWと書かれていたのですが、CFMしたくて送っていたものでした。同封しておいたグリーンスタンプもそっくり送り返されてきました。ありがたい感じです。

 

後で写真を載せます

| | コメント (0)

ポンプ修理

出勤予定の日でかすみがうらにはいられないため、付き添いの代行をお願いしたが、出勤前に連絡が入った。ポンプは設置後23年も経っており、部品交換だけでは厳しいような話だった。これからの対処を相談するためにも、来週また行かなくてはならない。今週は本業・出張などがあって対応できない。

| | コメント (0)

2024年1月21日 (日)

QSLチェック

IC-705を引き取りに行ってから移動を中止して早く帰ってきたので、430MHz-FMをワッチしながら、QSLカードのチェックを進めた。やっと1エリアのQSLカードチェックまで終わった。最近無かったのだが、故人のコールサインで交信しているのに、(おそらく余った)記念局のQSLカードを使って発行している人がいる。これまでのチェックで今回は23枚見つかった。記念局のコールサインを検索しても該当する交信が無い。日付と時間でその時を探してみても無い。よく見ると、カードの中に書かれた個人局との交信が派遣される。紙資源の節約かとも思えるが、せめて記念局のコールサインぐらい消して(2本線でも良い)自分のコールサインをしっかりと明記するべきなのではないかと思える。QSLに対する考え方は人それぞれであるとは思うが、発行する以上は自分をはっきりとわからせるようにするべきだと思える。正直なところ、このタイプの人は信号を見つけてもコールしたくないと思える。

| | コメント (0)

無線雑誌購入

秋葉原に行く途中に、池袋で本屋に立ち寄り、CQ誌とHam Worldを購入してきた。DXレポートは普段よりレポートの採用が多かったように思う。CW運用ステップアップは共感できるところというか自分の考え方に近い感じもあって共感できる。どれくらいの人がやってみようという気持ちになっているのか知りたいところではある。ただ、このレベルの話をするのに「入門編」とついているのはどうなんだろう?それぞれのopがステップアップするのは良いことだと思う。自分も精進しなければ・・・。そして、はやく「入門レベル」を卒業したい・・・hi

Ham Worldのほうは、だいたいアンテナの製作記事に目がとまるのだが、今回は空き缶を使ったループアンテナだった。空き缶を素材として使うというのは自分でもやっている。そういう意味では共感が持てる。追試してみたいと思う。でも、あまり丈夫なものは作れないなぁという感じだった。

| | コメント (0)

IC-705修理完了

たしか金曜日だったと思うが、IC-705の修理完了との連絡があった。日曜日に秋葉原へ引き取りに行く。修理後の初運用と考えて、秋葉原から近い上野恩賜公園に立ち寄るつもりで、マイクとバッテリー、2eleYagiも持っていくことにした。天気予報では午後から雨が上がるような話だったので、天気を見ながらのスケジュールということになる。結局13時にIC-705を受け取った後も霧雨が続いていて、待ってもこの状態は続くのではないかという気がして、運用をあきらめ、帰路についた。

 

練間に戻ってからも完全に雨はやんでくれないようだ。帰宅を決断してよかったのかもしれない。軽くIC-705に電源を入れて触ってみる。うまく動作しているようで、ひと安心というところ。

| | コメント (0)

2024年1月16日 (火)

かすみがうら

このところネガティブな事柄が連続して起きている。慎重に行動したいというところもあったが、自分ではどうしようもないこともある。かすみがうらに行き、荷物下しなどをして、ふと、水道が出ないことに気がついた。ポンプを施工した人に連絡をして見に来てもらったが、メーカーの修理が必要とのことで連絡を取り、工事の日程を決めた。残念ながらその日にはこちらにいることができないので、立ち合い代行をお願いした。

一応、ペットボトルに水を多めに用意しておいたが、60Lほどの水も数日で無くなる。トイレの水が一番量が必要な気がした。当初は日曜日まで滞在してオール宮城コンテストまで参加して帰ろうという気持ちだったのだが、土曜日に生活用水が底をつきそうになって、帰宅することを決めた。準備した食材も水を使うものは極力避けていたので、予定よりずいぶん余ってしまった。

DXの交信のほうは、バンドNEW3つぐらいとれた。クリッパートンのDXペディションはアンテナを下したころに開始されたようだ。160m 20m 6m DIGITALがターゲットだったが、終了するまでに再チャレンジできるだろ

土曜日の午前中はPOTAのチェイサーとして呼び回りをやってみようと、Spotsを見ていたのだが、週末はこんなにアクティビティが高いんだなぁと感心してしまった。短時間に複数個所回る局もいるので、交信したときには運用場所のメモも残しておかなければならない。ふだん、平日移動ばかりしているので、新しい世界を見たような気がする。

 

| | コメント (0)

2024年1月15日 (月)

ハムってパーティ ノルマ達成

9日にある程度交信していたものの、目標の交信数は達成できていなかった。出張があったのだけれど帰宅してから体に疲れがたまっていて、土曜日は1日中寝ていた。日曜の午後には起きられるようになったのだが、無線をやる気にならなかった。月曜にやっと気持ちが動いてきたのでとりあえず目標だけは達成したいと考えていた。目標5交信・ハムってメンバー3局。18時30分過ぎに運用を開始して、まあまあ順調に交信が進み、目標も達成した後はのんびり交信を進め、結局26交信の有効交信を得た。

ログの提出は期間中の全ての交信を書かなくても良いようなので、とりあえず。ログを作成し提出しておいた。もちろん期間中はナンバー交換を続けるつもりだ。

 

| | コメント (0)

2024年1月 9日 (火)

NYPステッカーGET

Nyp_20240110134601

出勤前に、JARLに立ち寄り、NYPのログを提出。ステッカーをもらってきた。残り2回で3週目が完成する。よくも欠かさず続けてきたものだ。

前日にコンテスト参加しなかったことでできた時間をQSLカードの印刷に回すことができた。そのカードもJARLに預けてきた。

| | コメント (0)

2024年1月 8日 (月)

オール埼玉コンテスト 欠席

楽しみの一つではあったオール埼玉コンテストは、結果的に参加しなかったという形で終わってしまった。

前日に帰宅してから、どのような参加形態が自分にとって満足できるかを考えていた。今回から規約の変更があり、県外局どうしの交信が有効になった。乗り込み参加といえば県内局として呼ばれる立場になる。だが、規約の変更によって、呼ばれるための県内乗り込みにその価値があるのか?ということが気になった。例年の形だと、HF帯の場合ある程度県外から呼ばれ、落ち着いたころに県内マルチを得るために呼び回りになるが、近距離がスキップするために、たいていの場合順番待ちの終りの方になる。他から呼ばれなくなってやっと自分の番が回ってくるという感じだ。県外交信がOKになると、おのずと呼び回りをしていた県外局がCQを出す側になり、県内でCQを出していても呼ばれるわけでなく県外局を呼びに回ることになる。これでは「県対全国」のコンテストに乗り込みする意味がなくなる。

オールバンドをあきらめてV/UHFに出ることも考えた。条件の良い標高の高いところを目指して登山運用をすることも考えた。メインリグになりつつあるIC-705は修理中。V/UHFマルチも満足な運用ができない。

当日の朝もそんなことを考えていたら、コンテスト開始時間になってしまった。出発に余裕がある時間に起きたのに、行動を開始させられないのはモチベーションの低下によるものかもしれない。例年ならオール埼玉コンテストが終わるまではモチベーションを維持できていたのだが、これも加齢によるものなのだろうか?

本来なら1交信でも行って、提出するログの意見欄に書くべきなのだが、それさえもやる気が無くなっていた。規約はコンテスト担当が目的のために考え、そのルールに沿って参加するのが筋だと思っている。当然、それに合わせて参加の仕方を考えて参加するべきだが、その「参加の仕方」が思いつかなかった。

| | コメント (0)

2024年1月 7日 (日)

多々良沼ミーティング

Tataranuma1

9時を少しまたってしまいましたが多々良沼に到着。すでに参加予定の皆さんは到着していました。店を広げ自分の設備のアピールなどを行っていました。私も、先ほど使った車用延長コイルバーチカルと自転車移動などに使用する短いほうの延長コイルバーチカルを設営しました。アナライザーで測定してみたり、リグにつないで受信したりしましたが、先ほどよりかなりコンディションが良くなったような気がします。

お天気は良かったのですが風が冷たい日になりました。ちょっと早めに終わりそうな感じで、恒例の焼きそばを買いに行ってもらい、食事の後は多々良沼の弁財天にお参りしました。

当初の予定では解散後にPOTAの運用をしていこうという気持ちもあったのですが、2日間の運用でおなかいっぱいという感じになって、渋滞する前に帰ることにしました。高速は渋滞もなくスムーズに走りましたが、思い返してみると多々良沼で10交信以上行ったのはかなり前だったような気がしてきました。やっぱり運用してくればよかったか? まあ、次回のチャンスに取っておこうと思います。

| | コメント (4)

県立森林公園「たたらの森」

前日の夜は前夜祭も開いてもらって楽しい時間を持つことができました。その中で9時ごろには行くよという話がありました。当初の予定は10時でした。少し早くなったことでチェックアウトも早くしました。多々良沼公園もPOTAのポイントではあるのですが、その前に近くにある県立森林公園「おうらの森」に立ち寄ることにしました。カーナビに案内され到着したのは820分すぐに延長コイルバーチカルを設営して運用を開始。と言いたいところですが、キーヤーをKX3に接続するとキーイングが乱れます。何度か不具合を修正したいと試みましたが解決策が見つからず、結局パドルを直接接続し手打ちでキーイングを開始しました。セルフスポットしたこともあり、9時の時間制限までなんとかログを進めることができました。CQは寒さのせいかところどころミスキーイングしたかもしれません。失礼しました。

コンディションは国内が上がってくる寸前だったかもしれません。かすかすだったのに一生懸命コールしていただいた方もいらっしゃると思います。ありがとうございました。10交信した後はアンテナを縮め車に放り込んで多々良沼に向かいました。

 

| | コメント (0)

2024年1月 6日 (土)

大岩山西公園

下山してから出発までに時間の余裕を作っておいた。出発直前に1200MHzのリクエストと思える書き込みがあったので、運用したかったがいつもの3ele Yagiを持ってきていなかった。車に戻ればコーリニアがあるのでそれでQRVしようと考えていた。

Ooiwasann1

下山して一直線に車に向かい、汗も引かないうちに設備を整え、運用を開始する。気持ちが入りすぎていたのか?同じ駐車場の中にアンテナがあがっていることに気がつかなかった。運用を開始してすぐにコールがあり交信ができる。手書きのログだが過去に交信している局だと記憶がよみがえってきた。NYPで苗字ではなく名前のほうを送ってくるYLさん。その印象だけで過去に交信していただいていることが分かった。

2局目に呼んでくれた局。気が付かなかった同じ駐車場内にいた局だった。周囲に目がいかなかったことに対して申し訳ないと伝えた。バンドをワッチしていて電波の出ている気配が全くなかったので安心してうんようを開始してしまったようだ。その後1局交信したのちにこちらの方に来てくれて、それからは直接お話しすることになる。結局40分ほど話し込んでしまった。ホテルにチェックインするまでの移動時間を考えるとそろそろ撤収かなという感じになり、ご挨拶をして撤収となった。

Ooiwasann2

大岩山西公園は交信していただいた相手によって知ることができ、来てみると見た目にも電波の飛びそうなところだ。南に向けて広く開けている。こんなところが地元にあったら、たびたび無線目的で来てしまうだろうと思う。また、近辺の山々にもいくつもピークがあり。山歩きが好きな人にとってもよい場所とも思える。また、機会を見つけて訪れたい。

 

| | コメント (2)

行道山(石尊山)

日曜日の群馬フィールドミーティングに参加する目的で、前日も楽しもうと近場の山を探してみた。当初は赤雪山を考えていたのだが、以前行ったことのある大岩山一帯がPOTAの指定公園となっていて、広域なエリアで運用ができるようだ。大岩山の先には行道山がある。今回はそちらまで足を延ばしてみようと考えた。ハイキングガイドを見てみると行道山とはこの地域一帯を指すように読み取れる。一番のピークは石尊山なんだなと思い、この場所から運用するつもりで出発した。

大岩山西公園の駐車場から歩き始める。以前運用をした大岩山(剣が峰)は周囲の木が伐採されていて、見晴らしがよくなっていた。ここでもいいかなという感じではあったがとりあえず先に進む。下って登るのは下りがもったいない気がするのだが、息を整えることができる感じの登りと下りは気持ちの良い感じがした。

Gyoudousann1

Gyoudousann2

Gyoudousann3

目的地の石尊山に到着。あずま屋がある。思った以上にベンチがあったので、遠慮なく店を広げさせてもらうことにした。山頂には周囲の山を確認する指標があり真ん中に石尊山と刻まれている。だが、手書きの「行道山」と書かれた看板も3枚ほどあった。自分の中では石尊山と感じていたのでそのようにアナウンスしていたのだが、ちょっと心配になって「またの名を行道山」と付け加えていた。ここまでくると地元の方との交信も多く、多くの方と話しているうちに行道山が通った名前のような印象になってきた。

Gyoudousann5 Gyoudousann6

今回、初使用となったハンディ機用のホルダー。というかスマホのホルダーに三脚取り付け用のプレートを付けただけのもの。探しに行った先で一番厚みのあるものを選択していた。ID-51に大容量バッテリーを取り付けてもハンディ機を固定できる。DJ-G7以外にもID-51も活躍してほしいところもあり、作ってみた。実際に使ってみると、もう少し安定感があるといいなぁという気がする。

無線機のバッテリーは予備もあり不安感無く運用していたが、持ち込んだPCのバッテリーが落ちてしまい、途中で手書きに切り替える。先の予定も考えてそろそろいいかなというところでCLを宣言し終了となった。

 

| | コメント (0)

2024年1月 5日 (金)

IC-705 修理出し

仕事始めの5日は顔合わせの意味もあり会社に集まる。とくにやることが無い人でも出勤となる。自分も23点の確認事項があるだけで早くに必要作業が終わる想定で、早めに退社し、秋葉原まで足を延ばしてIC-705の修理出しを行った。いつ頃戻ってくるだろうか? POTAの運用には欠かせないリグとなっているので、早く戻ってきてほしいところではある。

| | コメント (0)

2024年1月 4日 (木)

越生町 黒山展望台

NYPも3日目になるとノルマを達成した人が離脱する傾向が出てくるかもしれない。これは移動する側も同じではないかと考えると場所取りのバッティングの可能性が低くなるのではないかと思った。奥武蔵グリーンラインを走っていると、週末はいつもアンテナが上がっている黒山展望台を狙いとして出発した。奥武蔵グリーンラインはいくつかの運用ポイントがあるので、先客がいれば次の場所に移動することもできるだろうという感じではあった。

高速道路は日高のあたりまで行くこともできるが、速度が速いとはいえ遠回りで、進むルートよりも一般道を多めに直進に近いルートを通ってみようと思い、所沢で降りて下道を行くことにした。カーナビの到着時刻はあまり変わらないような気がした。順調に進み、山道に入る。カーナビの指示に従って走ったつもりだったが、なんとなくおかしいなぁと感じていたが、気がつくと山を下りてしまった。結局、来た道を戻り、違和感の感じた場所で本来の道に戻るとナビの目的地のとしていた顔振峠に着くことができた。ここから先は一本道なので迷うことは無いはず。道を間違えたとはいえ、走っている途中に、以前歩いた物見山から北向地蔵への山道で林道と交差するポイントを確認することができ、場所の感覚がつかめてきていた。そうなると北向地蔵の前も通っている気がするがそちらは気が付かず通り過ぎてしまったかもしれない。

50mhz_20240105062201

だいぶ予定時刻より遅れたが、黒山展望台は運よく誰もいなかった。早速6mデルタループの設営を開始する。不具合の感じられるIC-705は家に置いてきて、久しぶりにKX3を登場させた。運用を開始するとまあまあ良いテンポで交信が続く。SSBは複数に呼ばれたときも存在が確認できるうえ重なっていてもコールサインの一部が確認できる場合もあり、交信終了後に優先してリターンすることもできるところが良い感じかもしれない。もっともパイルが大きければそれも難しくなるかな。この日は良い感じで進んでいたが、26交信で頭打ちとなった。でも、遠方からも具体的にこれだけ強いというレポートをもらったりしているので、6mのファンはすでにNYPを終了している局も多いのかもしれないと感じた。

430mhz_20240105062201

144と430のどちらにするか迷ったのだが結局430MHzをやることにした。アンテナはQEX誌に掲載されていた安価な75Ω同軸を使用した3段コーリニアアンテナを使った。リグはIC-9700出力は5Wに設定してある。昼食をとりながらバンドスコープを見ていて、呼び出し周波数近くの433.04に電波が出ていないことを確認し、周波数チェックののちにCQを開始する。1局目の交信が終わると、すぐにパイルアップが始まる。コンテストではないので、一応のご挨拶なども含めて交信を進めていたが、1局に対して2分程度の時間配分でいくと、なかなかプラスアルファの内容が作れない感じもした。強引に会話を続けても良いのかもしれないが、せっかく呼んでいただいた方とは交信という結果を残したいという気持ちが大きかったので。ピックアップできなかった方の方も気になるという感じだった。

多くの信号が重なっているとほとんど復調できない。なるべく混信の中でも浮き上がって聞こえる文字を指定するようにした。後ろにこぼれる明瞭な部分はできるだけ後回しにするように努めたが、そこしかわからないことも多く、テールレター一文字しか取れないことも少なくなかった。中には2時間かかったとか言ってくれる人もいて、そこまで私との交信に時間を費やしていただいた方には感謝しかない。コンテストモードしてしまえばペースは4倍ぐらいになるのだろうけど、やはりNYPはそういうスタイルにしたくないかなと思う。

13時20分から開始した430-FMは途切れなく19時まで続いてしまった。自分でも久しぶりのパイルアップだった。でも、印象に残る会話というのが少ないのもあるかもしれない。めったに電波を出さない友人に会えたのはよかった。初交信という方も少なくない。普段から430MHzばかり運用していればもっと出会えているのかもしれないがあちこちに浮気する感じなので仕方ないかな。CWでしか交信したことのない人の声を聞けるのもNYPならではかもしれない。(相手にもそう思われているようだ hi)最後は、呼んでくれている信号が重なっていないけど復調しきれない信号しかなくなったところでCLを宣言した。17時を過ぎて空振りがあったら終了しようという気持ちがあったがそれから2時間もかかってしまった。日が落ちきらないうちに撤収するつもりでいたが結局は真っ暗な中での撤収となった。ただ、あまり設備を広げていなかったので、暗い中でもそれほど苦にはならなかった。UBL田中さんに作ってもらった3cm角パイプに取り付けるアダプターはV/UHFの運用には欠かせないものとなっている。ここまで活用するとは予想していなかったかもしれない。市販品ではないのでお勧めすることはできないが、素晴らしい部品だと思える。

430-FMは133交信を記録することができた。暗い山道をゆっくり下り、往路と同様に一般道を使って所沢ICまで進み1区間だけ高速道路を使った。翌日は仕事始めと言われる5日なので、渋滞も気になったが順調に進み帰宅することができた。

| | コメント (2)

2024年1月 3日 (水)

NYP 西多摩郡檜原村移動

NYPはなんとなく2日の移動をやめてしまったので、3日が初日となった。目的地は浅間尾根駐車場で、奥多摩周遊道路のゲートが開く時間に到着していたので、場所取りは問題ないと思っていた。駐車場に到着するとたくさんのアンテナが置いてある。ゲートが開く前に入ってきたのかと思い、声をかけてみた。元旦から滞在しているそう。せっかく来たのに場所を変更するために他を回るのもつらいので、使わないバンドで運用させてもらおうと思い使用バンドを聞いたら3.5MHz430MHzと答えが返ってきた。隣で運用してほしくない感じだろうか? 食い下がり、1200MHzなら大丈夫ですよねと言ってみるとしぶしぶながらOKとしてくれた。

せっかくなので、交信しておきましょうかという話になって、430MHzならできるということで待機したが、相手の設営に時間がかかりそうだったので、12段コーリニアを設置して、1200MHzの運用を開始した。

Nyp_20240103220901

海抜1000m程度で通りの良い場所なので、テンポよく呼んでもらえる。いつものテンポで少し会話を挟みながらもどんどんログが進んでいったが、しばらく会っていない友人からもコールをいただきラグチューモードになってしまった。会話が長かっただろうと思える。その時に重なってコールしていただいた局も順番が回ってこないと思い離れてしまったかもしれない。友人との交信が終わった後もぱらぱらと呼んではもらえたが最初の方の勢いは無くなっていた。まあ、のんびりやっているのも自分に合っているかなという感じで運用を進めたが、CQの空振りが続くようになって、一応呼び回りもしようとVFOを動かしてみる。自分の周波数の隣ではJA1RLが運用していた。せっかくなのでコールして交信できた。他に、CWで何度も交信している局が志木市から出ていたので呼んでみたもののこちらは届かない。移動表示をしているので、自分と同じ1Wだろうと思うのだが気が付いてもらえないのでは仕方ない。他のバンドを使わせてもらえないか聞きに行ったが、さっき約束した交信がまだだったので430MHzで近距離交信を行う。これでログに記録できるのでいつでも思い出すことができる。

その後は、空いているバンドを聞く前に少しお話でも・・・という感じになったが、マイクを持たなくても、いろいろと話をし始めると終わらなくなってしまった。いろいろと経験などを話したり設営のノウハウなどを披露してみたが、気に入ってもらえたようで表情もあさとは変わってきたような気がする。好意的になってもらえるならそれに越したことはないかな。話しているうちに暗くなってきて雨も落ちてきた。設備を撤収し出発することにした。彼はもう一泊していくらしい。

私の方は予定通りにお正月の温泉を楽しむために数馬の湯に立ち寄った。そういえば昨年は瀬音の湯にしてみたんだった。2年ぶりに立ち寄った数馬の湯はいつの間にか値上がりしていた。まあ、たいした金額ではないんだけど。いつものお湯加減は変わっていないので、満足ではあった。

| | コメント (0)

2024年1月 2日 (火)

NYPの日

朝は6時ごろに目が覚めた。NYPの初日なので移動に出かけるつもりでいたのだが、モチベーションが上がってこない。家でぐだぐだしているうちに8時になってしまった。もう高速道路は渋滞が始まっているだろう。テレビでは災害情報が続いている。余震もあるようだ。場所はまちまちだが近年ではたびたび起きているような気もする。やはり、自然災害に備えることも大切なことなんだろうと思える。

結局、前日のPOTA移動のログuploadとか、洗濯などの雑用をしたりしながら時間が過ぎて行ってしまった。ブログの文章も書いたりしている。

SNSでの新年のご挨拶なども進めていた。人によっては「この災害が起きているときにNYPなんてできない、自粛します。」みないた書き込みも見つけたりしたが、直接結びつけることは無いのではないだろうか。もちろん、非常通信周波数というものがあり、災害などが起きた時にその目的以外に自粛するべき周波数はあるが、そういう周波数に妨害を与えるような運用をしなければ問題ないと思える。中には他人の書き込みにネガティブな書き込みをするような人も現れ、情けない気持ちになる。被害を受けた方に対する気持ちとまったく別物という感覚は無いのだろうか?とあきれてしまった。自分が参加したくないのなら参加しなければいい。ただ、そんなことはだれにも話さず黙っていればよいのだと思う。

今日は参加しなかったけど、明日はNYPに参加しますよ。聞こえましたらお相手いただければ幸いです。

 

追伸

被災した方々には、この後も気をつけて、被害が広がらないことを願っています。何もできないかもしれないけどなにかできるようであれば黙って行動するかもしれません。中越地震の際は、家具が崩れた家からK1を引っ張り出してきて、家族が無事であることを打電した方がいました。その情報をキャッチして、彼の出入りしていた掲示板に無事であることを書き込んでくれと、別の局にお願いしたことを思い出しました。打電の最後は電池が切れるかもしれないので、これでCLだった。少ない電源でリグを働かせるため、500mWで送信していた。

 

| | コメント (0)

2024年1月 1日 (月)

地震

帰りに距離を走るのはけっこうしんどい。方向感覚的には間違うことは無かったが、新河岸川を越える橋の坂とか陸橋を越えたりするのはきつい感じがする。西台のあたりは通ったことのない住宅街を抜けていたが坂の上り下りもあり、しんどかった。

ようやく自宅に戻り、一息ついて軽食をとった。お昼も食べずに移動運用していた。ようやく落ち着いてテレビをつけると、いきなり緊急警報が流れる。何があったのかわからずテレビを注視していると「津波が来る。逃げてください」と繰り返している。数分後に地震があったとわかったが、自分では感じていなかった。どうやら日本海側らしい。

とりあえず、予定していた親戚宅への訪問。毎年夕食をごちそうになっている。聞いてみると地震は感じていたようだ。ただ、こちらではそれほど大きくなかったのかもしれない。必死になって自転車をこいでいて気が付かなかったのかもしれない。

帰宅してテレビをつけても地震情報以外は流れてこない。正月とは思えない感じだった。

| | コメント (0)

元旦移動-3 浮間公園

PCのバッテリーも落ちているし、7MHzの国内スキップもあったので、430-FMの運用を考えながら、また川を越え東京都に入り板橋区の浮間公園に入る。

Ukima

入り口で看板の写真を撮ったものの、池の前のベンチで設営をした後は写真を撮り忘れていた。ID-512ele Yagiを取り付け、カメラ三脚にビニールテープで縛り付けた。ハンディ機用のアダプターも作ったのだが、そちらをメインにするつもりもなかったので、持ってきていなかった。どこかでご披露したいと思っている。

10局だったら達成できるだろうか? POTAのページにセルフスポットしておいたが、たぶんそれを見て呼んでくれる人もいたのではないかと思う。ただ、マイクを握ると話が長くなってしまうかもしれない。1局ずつのんびり交信していた。POTAの運用に詳しい方にも声をかけていただいたので、疑問に思っていることをぶつけてみた。良い答えを聞くことができて、喉の奥に詰まっていたものが通り抜けてくれたような感じだった。

交信の際には「板橋側」にこだわる方が多かった気がする。大きな池の真ん中を区の境界線が走る。入って近いほうのベンチが空いていたのでそのまま運用を開始したのだが、北区のほうがニーズがあるのだろうか?

旧来の友人というか、ITUの運用で肩を並べて運用した局もコールしてくれて、30分ほど雑談になった。そのうちバッテリーが切れてしまい。慌ててビニールテープをはぎ取ってバッテリーを交換する。相手もわかっていたようで、そのうち復活するだろうと待機していましたとのこと。バッテリーアウトのお知らせを音で知らせてくれるのでありがたい。以前のハンディ機では切れているのにマイクに向かって話続けていたこともあった。使っているリグはIC-905/10Wとのこと。このリグと交信したのは初めてだった。変調にこれといった個性は無いが、SHFに出られる市販リグというのは良いと思える。自分もいつか手にしたいと思うのだが、やはりお値段が・・・。アンテナの話などもあったが、なかなか精度の必要なバンドでもあるので、市販品が無難という話もあった。気がつけば、だいぶ時間が過ぎており、帰るつもりでいた時間を過ぎている。ログにはまだ9交信しか記録されていないのでなんとかあと1交信したいという希望とともにファイナルを送った。

交信後にはワッチしてくれていた局と交信ができ、10交信のノルマを達成してほっと一安心。続けて待機してくれていた局と交信して。運用終了となった。平地の430MHz運用でログが伸びなかった時のことを考えて、完全に分解していなかった7MHzのアンテナも片付けて帰路につく。公園を出た後に風景の写真も全く撮っていなかったことに気づいたが、引き返す気持ちは無くなっていた。

| | コメント (0)

元旦移動-2 戸田公園

次の目的地は、荒川を越え埼玉県の戸田公園。競艇場の横にある。橋を渡ってから土手の上にあるサイクリングロードを走る。景色も良く気持ちよい感じだった。競艇場が見えてきて下の道に降り、戸田公園に入る。秩父宮殿下来訪記念の石碑横でアンテナを展開した。

Toda1 Toda3 Toda2_20240102160001

先ほどのセッティングがそのままだったのでFT8からスタートした。順調に進んでいたが、PCのバッテリーが落ちてきて警告が出た。不具合が起きても困るので18交信でPCを閉じる。CWをやっていないのがもったいなくて、手帳を手書きのログにしてCQを出してみる。なんとか1交信できたものの先が続かない。バンドをスイープしてみると強い局がほとんどない。この時期によくある「枯れ」の時間帯になってしまったのか? そういえばFT8でもスキップ感のある交信相手の分布だった気がする。

続けていても成果が出ないと思い、撤収して次に向かうことにした。

| | コメント (0)

元旦移動 赤塚公園

昨年のスタートは元旦の低山移動だった。今年もそうなるかと考えていたが、ハムフェア後に始めたPOTAの運用が面白くなってきていて、そちらをやってみることにした。

自転車を使って回れるところを考えていて、最初は母校(と言っても45年も前に通った高校)の前を通り、赤塚公園に向かう。高校は名前が変わっているという話は聞いていたが、自分で確認するのは初めてだった。高校の頃に通っていたお店などもほとんどなくなって、街の姿も変わっている。

Akatsuka

赤塚公園は高島平に近いところだが、自転車で通学していたので行動エリアだったかもしれない。でも、それほど通った場所ではなかったかな。延長コイルバーチカルとIC-705CWから運用を開始。呼ばれなくなるまで運用を続けFT8に変更する。交信の進み具合はFT8の方が良い様だが、CWも捨てがたい感じだった。CW-16交信・FT8-19交信を記録して次の場所に向かう。

 

| | コメント (0)

2024年 スタート

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

今年もアマチュア無線を中心に楽しんでいきたいと思います。NYPもできるだけ運用したいと思っています。聞こえましたら交信よろしくお願いいたします。

| | コメント (2)

« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »