« 無線雑誌購入 | トップページ | ポンプ修理 »

2024年1月21日 (日)

QSLチェック

IC-705を引き取りに行ってから移動を中止して早く帰ってきたので、430MHz-FMをワッチしながら、QSLカードのチェックを進めた。やっと1エリアのQSLカードチェックまで終わった。最近無かったのだが、故人のコールサインで交信しているのに、(おそらく余った)記念局のQSLカードを使って発行している人がいる。これまでのチェックで今回は23枚見つかった。記念局のコールサインを検索しても該当する交信が無い。日付と時間でその時を探してみても無い。よく見ると、カードの中に書かれた個人局との交信が派遣される。紙資源の節約かとも思えるが、せめて記念局のコールサインぐらい消して(2本線でも良い)自分のコールサインをしっかりと明記するべきなのではないかと思える。QSLに対する考え方は人それぞれであるとは思うが、発行する以上は自分をはっきりとわからせるようにするべきだと思える。正直なところ、このタイプの人は信号を見つけてもコールしたくないと思える。

|

« 無線雑誌購入 | トップページ | ポンプ修理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無線雑誌購入 | トップページ | ポンプ修理 »