« 和田堀公園 POTA | トップページ | 子授け地蔵駐車場 水郷筑波国定公園 POTA »

2024年6月 3日 (月)

練馬城址公園 POTA

15時頃には会社を出ることができた。というか、おそらく早く離れられるだろうと考え、IC-705も鞄に忍ばせていた。ただアンテナは目立たないように430MHzのアンテナだけしか入れていなかった。朝の天気予報では18時以降は大きく崩れると言っていた。現在は快晴なので、帰宅の前に10交信はできるかな?という感じで安易に考えていた。

練馬城址公園に到着すると、遠くの空が崩れているようにも思える。ただ風の方向は青空のほうから吹いているので、しばらくは近づいてこないのではないかと思い、三脚にリグとアンテナを設営した。東屋のベンチを確保できたので、多少降ってきても大丈夫だろう。準備が整ったところで430MHz-FT8から運用を開始する。半分ぐらい進んだらPHONEに変えてもいいかなという感じだった。まあまあテンポがいいかなという感じだった。このまま10交信をFT8で終わらせることもできるかもしれない。PHONEは局数を考えずにのんびり交信ができるかもしれないと思っていたが、そのうち風向きが変わる。雨もぽつぽつ落ちてきて、あっという間に雨が強くなる。風にあおられて雨が入り込み東屋の利点がなくなっている。これはまずいとPCを鞄に押し込んで、そのままトイレのところにあるひさしの場所に退避した。一度、SPOTQRTを書き込んだものの、待っているのがつらく感じる。自分が退避できているんだからこの場所で運用すればよいのではないか?昨日と同じ感じ。ただ、同じ場所で退避している人もいるので、PHONEはやりづらい感じがする。10交信するまでFT8の運用を再開しようと考え、セットしなおす。運用を再開してからなんとか呼んでもらえるようになり不足していた交信数を超え14交信まで進んだ。コールが止まったところで、撤収を開始する。撤収完了後も雨は弱くならず、いつ帰れるかわからない感じがしたので、強行突破で駅まで向かうことにした。傘をさしているのに肩や足がずぶぬれになる。2日続けて雨にやられた感じだった。

|

« 和田堀公園 POTA | トップページ | 子授け地蔵駐車場 水郷筑波国定公園 POTA »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 和田堀公園 POTA | トップページ | 子授け地蔵駐車場 水郷筑波国定公園 POTA »